SHOOT BOXING

NEWS

act2_03204月1日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2018 act.2』の追加対戦カードが発表された。
 
昨年12月のSB香港大会で日本勢との対抗戦を行ったSB香港勢が襲来。既報の北斗拳太郎vs向柏榮の一戦のほか、SB日本スーパーフェザー級王者・村田聖明と江澤悠里(共にシーザージム)が香港勢を迎え撃つ。村田は2月のシリーズ開幕戦で、同時二階級制覇を狙うSB日本フェザー級王者・深田一樹とノンタイトル戦で対戦。延長戦にもつれ込む大接戦の末に、判定で王者対決を制した。今回の相手、梁傲軒(=ジョエイ・レウン/香港)は179cmの長身(村田は177cm)から繰り出される右ストレート、右ハイを得意とする28歳。アグレッシブなファイトスタイルを信条とし、SB初上陸で王者の首を狙う。村田は19戦目で初の国際戦をクリアーなるか。また、SB香港大会で勝利した江澤は李俊亨(SB香港・榮拳館)と対 戦する。
 
その他、SBで最も層の厚いSB日本スーパーバンタム級戦の2カードが決定。シーザージムの新星・笠原友希は竹野元稀(風吹ジム)と対戦する。両者は2015年6月大会で対戦し、笠原が勝利。その後、笠原は勢いに乗り、現在7戦7勝と負けなし、竹野は他団体のタイトルを獲得するなど、共に大きく飛躍している。再戦を制するのはどちらか。
 
また、RISEバンタム級3位の優吾・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM)がSB初参戦、大桑宏章(シーザージム渋谷)激突する。強打のパンチを持つ優吾は昨年3月のRISEで植山征紀を2RKOした実績を持つ。ベテランの大桑は他団体の侵略者を止めることができるか。
 
そして、前回大会でベテランの喜入衆を破り、7戦無敗のSB日本ウェルター級1位・チングン新小岩(モンゴル/シーザージム新小岩)がSB日本ウェルター級3位・奥山貴大(GSB)と対戦する。現在空位のSB日本ウェルター級王座獲得に向け、前進するのはチングンか、奥山か。
 

追加対戦カード

▼SB日本スーパーフェザー級 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R 
村田聖明(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)
vs
梁傲軒(=ジョエイ・レウン/香港)
 
▼SB日本ライト級(62.0kg) スターティングクラスルール 2分3R延長2R
江澤悠里(シーザージム)
vs
李俊亨(香港/SB香港・榮拳館)
 
▼SB日本ウェルター級(67.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
チングン新小岩ジム(モンゴル/シーザージム新小岩/SB日本ウェルター級1位)
vs
奥山貴大(GSB/SB日本ウェルター級3位)
 
▼SB日本スーパーバンタム級(55.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
笠原友希(シーザージム/SB日本スーパーバンタム級5位)
vs
竹野元稀(風吹ジム/SB日本スーパーバンタム級6位)
 
▼SB日本スーパーバンタム級(55.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
大桑宏章(シーザージム渋谷/SB日本スーパーバンタム級10位)
vs
優吾・FLYSKYGYM(FLYSKYGYM/RISEバンタム級3位)
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/14287

pagetop