SHOOT BOXING

NEWS

shishido4月1日(金)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ第二戦『SHOOT BOXING 2018 act.2』で現役復帰することが発表された元SB東洋太平洋ウェルター級王者・宍戸大樹(シーザージム)。長期にわたってSB70kgトップ戦線で活躍していたが、2016年4月にタイのジャオウェハー・シーリーラックジムを相手に引退試合を行い(3RTKO負け)、18年間の格闘技人生にピリオドを打った。2年ぶりに復帰を決めた宍戸を直撃した。
 
――現役復帰を決めた理由を教えて下さい。
「一言では言い表せないのですが、引退してからプライベートでも色んな環境、状況の変化があり、そんな中で自分らしくない生活をする日々が続きました。もちろんセコンドに付いて選手のサポートをしている仕事も凄くやりがい、充実を感じていましたし、自分が今までやってきたことを後に続く人間に伝えて、もっと協会が良くなればいいなという気持ちがありましたが、段々と物足りなさを感じてきました。自分らしさとは何か?と考えたときに、何か一つに打ち込んでいる姿、試合に向けて無我夢中にやっているときが自分らしかったかなと。自分はシュートボクシング(以下SB)をやっていることがしっくりきました。終わったと思っていた格闘技に対する情熱が実はまだ残っていて時間と共に 大きくなっていきました。もう一回やれないかなと考え始めるようになって、また少しずつ自分なりに動き始めたら、身体はしんどいですけど気持ちが充実するようになりました」
 
――とはいえ、2年のブランク、年齢面のことを考えると身体が心配です。
「ただ皆さんが共通して言われることは、身体大丈夫なの?と。どの競技でもそうですが、40歳を過ぎて活躍されている方はなかなかいません。ただ自分がやりたくなった年齢が41歳だったというだけの話です。選手層も充実している中でなぜ無理に復帰するの?とも言われたのですが、協会のため、競技のためということではなく、自分自身のわがままのために、人生でぽっかり空いてしまった部分を埋めるために、何かに打ち込みたい。それがSBだったんです。僕の引退試合の時に送ってくれた皆様には申し訳なく思っています。そういう方々全員にあいさつするといった筋道を通せているわけではないので、僕の復帰で不愉快に思われる方もいらっしゃるかと思います。お帰りと言ってくれる方ばかりで はないので、そこは、自分がこれから頑張っている姿を見て頂くことでしか弁明できないと思います。そういう色んな人の想いを全部飲み込んで、噛みしめていきます。自分としては筋道として新人のつもりでもう一度やり直させてもらえるなら、若手たちが頑張っている浅草花やしきでのヤングシーザー杯でのやり直したい気持ちもありました」
 
――本格的に復帰しようと思ったのはいつぐらいですか?
「年明けぐらいです。引退してから、若手とのスパーリングでいい動きをしていると、会長からは『宍戸いい動きじゃないか。今度復帰戦やるか?』と冗談はよく言われてました。会長には悪いのですが、そういうのは全部聞き流していました(笑)。時間が経つと、若手たちのいい試合を見ているとまた燃えてくるものがありましたね。若手選手たちが勝った時にセコンドと一緒に喜ぶ瞬間は本当に好きなのですが、リング内のポジションでみんなと一緒に喜びたいという気持ちも段々と大きくなってきました」
 
――シーザー会長に復帰したいと相談した時の反応はどうでしたか。
「『えっ? お前本気か?』と。僕は2016年4月に引退しましたが、翌月には会長からよく僕の復帰の話をされていましたが、あの時は本当に気持ちは切れていました。引退式をやっていただき、無事に終えたことから安堵感でしばらくボッとしている状態でした」
 
――今後は70㎏で?
「そうですね。自分が今ナチュラルに動けるのは70㎏だと思います。2年間、試合に向けた練習を一切していない状態でいると身体がだいぶ大きくなりました。75㎏以上ありましたから。現役時代はなかなか太らないと悩んでいましたが、一度緊張の糸が途切れるとそれぐらい身体が大きくなるのだなと。そこから10㎏近く落とすのはきつかったです」
 
――現在は全盛期と比べてどのくらいまで戻ってきましたでしょう。
「身体との兼ね合いを考えながら、体調と精神のピークを4月1日に持っていきたいと思います」
 
――今後、何試合をする予定ですか?
「全く考えていません。ひょっとしたら今回で終わるかもしれませんし、現実は甘くないことを思い知らされるかもしれません。新しいことを発見を見つけて、試合でもいい勝ち方ができてまた欲が出ると、その先のことを考え始めるかもしれません。ここから出来る限り頑張ろうと思います」
 
※会場で発売される大会パンフレットより一部抜粋
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/14287

pagetop