SHOOT BOXING

NEWS

1

2

36月10日(日)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ第三戦『SHOOT BOXING 2018 act.3』にSB日本スーパーライト級王者・海人(TEAM F.O.D)が参戦することが決定した。
 
海人は昨年11月、各団体の王者が集結したSB日本スーパーライト級王座決定トーナメントに出場、一回戦で元DEEP☆KICK65kg級王者・憂也、決勝戦でWBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太を下して念願の王座獲得を果たした。続く、今年2月の開幕戦ではSB世界スーパーライト級王者・鈴木博昭を3度破っているSBキラー、タップロン・ハーデスワークアウトを4RKO、さらに4月の第二戦では、日本ライト級戦線のトップに君臨するRISEライト級王者・不可思をヒジでよるカットで4RTKO勝ちを収めた。現在6連勝中と勢いに乗る海人の対戦相手は決定次第、発表となる。
 
そして、SB日本スーパーフェザー級王者・村田聖明、元SB東洋太平洋ウェルター級王者・宍戸大樹(ともにシーザージム)も参戦が決定。村田は2月のシリーズ開幕戦で、同時二階級制覇を狙うSB日本フェザー級王者・深田一樹とノンタイトル戦で対戦。延長戦にもつれ込む大接戦の末に、判定で王者対決を制した。前回大会では香港の梁傲軒(=ジョエイ・レウン)を圧倒し1RKO勝ち。
 
また、宍戸は長期にわたって70kgトップ戦線で活躍し、世界の強豪と激戦を繰り広げてきたが2016年4月に引退。18年間の格闘技人生にピリオドを打ったが、今回4月大会でリングにカムバックした(香港の馮本汝に判定勝ち)。9連勝中の村田、復帰第二戦の宍戸も共に対戦相手は現在調整中。
 
なお、5月の愛知大会から開幕するSB日本スーパーバンタム級次期挑戦者決定トーナメントは、内藤大樹が王座返上したことを受け、王座決定トーナメントに変更。今大会では、伏見和之(シーザー力道場)vs竹野元稀(風吹ジム)、内藤凌太(ストライキングジムAres)vs笠原友希(シーザージム)の一回戦2カードが行われる。
 

出場決定選手

海人(TEAM F.O.D/SB日本スーパーライト級王者)
村田聖明(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)
宍戸大樹(シーザージム/元SB東洋太平洋ウェルター級王者)
 

決定対戦カード

▼SB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント一回戦
伏見和之(シーザー力道場)
vs
竹野元稀(風吹ジム)
 
▼SB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント一回戦
内藤凌太(ストライキングジムAres)
vs
笠原友希(シーザージム)
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/14564

pagetop