SHOOT BOXING

NEWS

8_3
シュートボクシング協会/グラップリングシュートボクサーズ
「SHOOTBOXING 2017 YOUNG CEASER CUP CENTRAL #22」
2018年5月20日(日)愛知・ホテルプラザ勝川
 
8_1

8_2▼第8試合 メインイベント ライト級ランキング戦 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
○YUSHI(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本ライト級2位)
TKO 1R56秒 ※3ノックダウン
●山内慎司(風吹ジム)
 
1R、開始ゴングと同時にYUSHIがラッシュを仕掛け山内をコーナーに追い込むとパンチでダウンを奪う。再開後、さらにヒザ蹴り連打、山内を再びコーナーに詰めてパンチ連打で2度目のダウン奪取。最後もパンチ連打でダウンを追加したYUSHIがTKO勝ちした。


7_1

7_2

7_3▼第7試合 SB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント1回戦 スーパーバンタム級ランキング戦 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
○植山征紀(龍生塾ファントム道場/同級1位)
KO 3R29秒
●佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ/同級8位)
 
内藤大樹が返上した王座を懸けて今大会からトーナメントが開幕。1R、佐藤は右の蹴りを上下に散らし先制。二段蹴り、さらに植山が前進すれば前蹴りで突き放す。左フックもカウンターで合わせ植山を驚かせる。リズムを掴めない植山は終盤に右ローを連打。2R、圧力を強める植山が連打を仕掛けるが、佐藤はしっかりガードして左ハイを返すなど意地を見せる。終了間際には佐藤がスタンディングチョークスリーパーを仕掛け植山を追い込む。3R、蹴りで距離を取る佐藤に対し、植山は強引に詰めてパンチ連打、さらに跳びヒザ。耐える佐藤は打ち合いに応じると、植山の左フックがクリーンヒット。佐藤はバッタリ倒れ、植山がKO勝ちで激闘を制した。


6_1

6_2

6_3▼第6試合 SB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント1回戦 スーパーバンタム級ランキング戦 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限
○川上 叶(龍生塾/同級2位)
再延長R判定2-1 ※10-9、9-10、10-9
●二田水敏幸(ネックススポーツ/同級7位)
※本戦は三者とも29-29
※延長Rは10-10、9-10、10-10
 
1R、開始早々に左ストレートを上下に散らして川上が二田水を追い込む。さらにテンカオ、左ハイとKO寸前まで追い込んだ。2Rからは二田水が反撃し、組み付いてヒザ蹴り連打。川上は首相撲の前に防戦一方となる。3Rも首相撲勝負の二田水に対し、川上は左ハイ、左ストレートで突き放すもすぐに組み付かれてしまう。本戦はドロー。延長戦も二田水の首相撲に苦戦の川上。再延長戦に突入すると、疲れの見える二田水の顔面に川上が何度もパンチをヒットさせて判定勝ちした。


▼内藤大樹あいさつ
SB日本スーパーバンタム級王座を返上した内藤大樹(ストライキングジムARES)がリングイン。「今回、僕が保持していたベルトを返上することになりました。チャンピオンを3年半やって2回も防衛しましたし、シュートボクシングの55㎏でやり残したことはないと思います。僕はまだ挑戦する立場であり、まだリベンジしなきゃいけない相手が一人いるのでそこを目指して頑張っていきます。応援よろしくお願いします」とあいさつした。


5▼第5試合 53.0㎏契約 スターテイングクラスルール 2分3R延長2R
○内藤啓人(ストライキングジムARES)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-29
●谷口仁歩(ネックススポーツ)
 
1Rから内藤は左ミドル、右ロー主体の攻めで主導権を握る。2Rもパンチ主体の谷口の攻撃に合わせて右ハイ、前蹴り。右ストレートをヒットさせる内藤が優勢を印象付ける。3Rも手数を減らさない内藤が蹴り、ミドル、さらに飛びヒザで追い込む場面も作り、フルマークの判定勝ち。


4▼第4試合 61.0㎏契約 スターテイングクラスルール 2分3R延長2R
○TSUTOMU(TIA辻道場)
TKO 3R1分46秒 ※セコンドからタオル投入
●敦仁(ストライキングジムARES)
 
1RからTSUTOMUのワンツーが敦仁の顔面を捕らえる。2R、TSUTOMUが終始プレッシャーをかけ敦仁を下がらせて強打を放っていくと、敦仁も負けじとパンチで応戦。3R、さらに勢いづくTSUTOMUが前に出てパンチ連打を浴びせると、敦仁は防戦一方となり、敦仁のセコンドがタオルを投入した。


3▼第3試合 女子ミニマム級 スターテイングクラスルール 2分3R延長2R
○TOMOMI(グラップリングシュートボクサーズ)
TKO 3R終了時 ※ドクターストップ
●ほのか(KANALOAGYM)
 
1R、ほのかがワンツー、ミドルでTOMOMIを追い込む。押される一方のTOMOMIだが、2Rになると逆にラッシュを仕掛けて反撃。3R、開始早々に偶発性のバッティングでほのかが額をカットしドクターチェック。再開後、TOMOMIが手数で上回るだけでなく、スタンディングチョークを狙うなどアグレッシブに攻める。本戦はドローだったが、延長R開始前にほのかの出血は激しくドクターストップ。TOMOMIがTKO勝ち。
 
2▼第2試合 58.0㎏契約 スターテイングクラスルール 2分3R延長2R
-ゴメス・ヒデキ(ストライキングジムARES)
試合中止 ※ゴメスの扁桃腺炎によりドクターストップ
-魁斗(立志会館)


1▼第1試合 65.0㎏契約 スターテイングクラスルール 2分3R延長2R
○賢太郎(秀晃道場)※デビュー戦
KO 1R48秒 ※スタンディングチョークスリーパー
●前田洋平(KANALOAGYM)
 
1R、打撃を交錯させる中、賢太郎がコーナーで前田にスタンディングチョークを極めると、前田がタップ。賢太郎が秒殺勝利し、MVPも獲得した。


▼オープニングファイト アマチュア65.0㎏(ノープロテクター) 2分3R
○謙次郎(秀晃道場)
判定3-0 ※三者とも20-19
●長谷川尚登(GSB豊橋)
1R、謙次郎が蹴りだけでなく、投げも積極的に狙う。2Rはラッシュを仕掛けて長谷川を追い込む場面を作り判定勝ちした。
 

pagetop