SHOOT BOXING

NEWS

DSC_9856

DSC_98787月6日(金)東京・TDCホールで開催される女子格闘技の真夏の祭典『SHOOTBOXING Girls S-cup〜48kg世界トーナメント2018〜』と、7月29日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.11』の合同記者会見が、5月29日(火)都内にて行われ、SB世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)のMMA二連戦が発表された。
 
RENAは昨年大みそかの『RIZIN』で行われたRIZIN女子スーパーアトム級トーナメント決勝戦で浅倉カンナに1RチョークスリーパーでMMAで初の一本負け。その後、5月のRIZIN福岡大会で浅倉は一本勝ち。リングサイドで試合を見ていたRENAがマイクを持って再戦をアピールしたものの、浅倉は「ファイターとして自分は一戦して、RENAさんはまだMMAをしていなくて挑戦を受けるのも正直どうかなと思っていて。まだ考えられない」と再戦に意欲的ではなかった。
 
Girls S-cupでのRENAの相手は現在調整中。23日後に行われるRIZINにて、RENAは浅倉とのリマッチが決定した。
 
この日の会見に出席したシーザー武志会長は「カンナ選手の方から負けてから試合をしていないとの指摘があったのでGirls S-cupのセミファイナルでRENAのMMAの試合を組むことになりました」とRENAのMMAルールによる試合決定の経緯について説明。
 
Girls S-cupでMMAをすることになったRENAは「今回でGirls S-cupは10回目を迎えます。まさかMMAでGirls S-cupに出場するとは全く思っていませんでしたが、今女子格闘技の波が出ているので、その波を大きくするためにプロである以上一生懸命頑張ります」と意気込みを語る。
 
シーザー会長は「まだ相手は決まっていませんが、二連戦だからといって手加減するような相手は用意しません」とRENAには簡単な相手は用意しないという。RENAも「打撃系の選手とやっても意味がないと思うので、寝技が強い選手。あえていうならタックルができる選手が一番手っ取り早いかなと。別な練習をしなくていいので(浅倉と)似たタイプでも全然いい」と浅倉と同じく寝技が得意な選手との対戦を希望した。
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/14586

pagetop