SHOOT BOXING

NEWS

DSC_9890DSC_9874DSC_9850

7月29日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.11』と7月6日(金)東京・TDCホールで開催される女子格闘技の真夏の祭典『SHOOTBOXING Girls S-cup〜48kg世界トーナメント2018〜』の合同記者会見が、5月29日(火)都内にて行われ、SB世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)のMMA二連戦が発表された。
 
RENAは昨年大みそかの『RIZIN』で行われたRIZIN女子スーパーアトム級トーナメント決勝戦で浅倉カンナに1RチョークスリーパーでMMAで初の一本負け。その後、5月のRIZIN福岡大会で浅倉は一本勝ち。リングサイドで試合を見ていたRENAがマイクを持って再戦をアピールしていた。
 
Girls S-cupでのRENAの相手は現在調整中。23日後に行われるRIZINにて、浅倉とのリマッチが決定したRENAは「色々な声があると思いますが、やっぱり熱は冷めては意味がないと思います。リング上であんな大失恋をしたことはないのですが、試合を受けてくれた浅倉選手に感謝しています」と感謝の意を述べる。
 
「前回、年末のトーナメントでは決勝戦で(浅倉と)試合をさせていただきましたが、まだ上がって来て欲しくない選手でした。私の中ではカンナ選手ではなく、カンナちゃんだったのでリング上で会ったら切り替えが出来ず、今考えるとそこが全然ダメだったと思います。でも5月にリングに上がってから倒すべき相手・浅倉カンナ選手として気持ちの切り替えが出来ています。次はしっかり勝って、女子格闘技の中心の座は、私なんだぞということを取り戻したい」とリベンジを誓った。
 
今回は5分3R、ヒジ打ちありのルールとなるが、RENAは「ヒジありのMMAをやったことがないので何ともいえませんが、練習ではしっくりきているので有利に働くと思います」と自信を見せている。
 
一方、7カ月ぶりの再戦を受けるカンナは「RIZINの女子格闘技を盛り上げて来たのはRENAさんのおかげで、トーナメントが開催出来たのもRENAさんの活躍のおかげだと思います。自分は1回勝ったくらいでそれを越せたとは思いませんが、MMAファイターとして、チャンピオンとして、次の試合ではもっと実力を見せてタップしてもらおうと思います。RENAさんは7月に二連戦で大変だと思いますが、お互いにベストコンディションでリングに上がり、2人で面白い試合をしていければと思います」と意気込みを語った。
 

大会情報

RIZIN FIGHTING FEDERATION
「RIZIN.11」
2018年7月29日(日)さいたまスーパーアリーナ
開場13:30 開始15:00
 

決定対戦カード

▼RIZIN女子MMAルール 49.0kg契約 5分3R ※ヒジ打ちあり
浅倉カンナ(20=パラエストラ松戸/RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント優勝者)
vs
RENA(26=シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級王者)
 

pagetop