SHOOT BOXING

NEWS

竹野元稀(C)SHOOT BOXING6月10日(日)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ第三戦『SHOOT BOXING 2018 act.3』のSB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント一回戦で伏見和之(シーザー力道場/同級3位)と対戦する竹野元稀(風吹ジム/同級6位)。過去に対戦しているメンバーが多く出場していることもあり、今回のトーナメントは“リベンジ”をテーマに、トーナメント制覇に向け並々ならぬ意気込みを語った。
 
——SB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント出場が決まりました。
「4月の後楽園大会では笠原友希選手に負けてしまったのですが、それまでは4連勝していたので今回のメンバーに選ばれて妥当かなと思いました。内藤大樹選手が王座を返上したことで、トーナメントを勝ち上がれば王座に直結するのでモチベーションは上がりました」
 
——トーナメント出場メンバーを見ての印象はいかがでしょうか。
「ランキング通りの選手が出ているので問題ないと思います」
 
——一回戦の相手は、2016年4月に一度対戦している伏見和之選手となりました。
「元チャンピオンで全体的に何でも出来るうまい選手だと思います。でも最近はKO負けが多く、打たれ弱くなっていてもう落ち目なんじゃないかなと。以前対戦した時のような強さはもうないですし、僕は強くなっています。今回はKOでぶっ倒して準決勝にいきたいと思います」
 
——今回勝てば、5月20日の愛知大会で一回戦を突破した植山征紀選手と準決勝で対戦することになります。
「植山選手とは昨年6月に対戦して今までで一番強い相手だと思っていたのですが、この前の愛知大会では佐藤執斗選手を相手になかなか手こずっていました。植山選手はそこまでもう伸びしろがなくなっていると思うので、9月の準決勝までに僕がさらにレベルアップして植山選手を越せるように頑張ります」
 
——反対ブロックからは誰が勝ち上がってくると予想しますか?
「僕の予想では笠原友希選手が勝ち上がってくると思います」
 
——もしそうなれば笠原選手とは3度目の対決になりますね。
「笠原選手が上がってくれば、ここでもリベンジマッチになります。一回戦、準決勝、決勝戦と3回ともリベンジマッチを制して僕が優勝します。それが一番いいストーリーですよね」
 
——どういうチャンピオンになりたいか、もう思い描いていたりしますか?
「チャンピオンになっただけでなく、しっかりチャンピオンとしての自覚を持って他団体に出たりしたいですね。組まれた試合をしっかり勝っていって、もし前王者の内藤選手に認められれば内藤選手とも対戦したいと思います」
 
——最後にファンにメッセージをお願いします。
「6月10日は自分が盛り上げて元チャンピオンの伏見選手をぶっ倒してリベンジするので応援よろしくお願いします。向こうはパンチが得意ですが、僕も得意なので打ち合いで逃げるつもりはありません。逆に打ち合いで逃げるなよといいたいですね」
 

▼SB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント一回戦
伏見和之(シーザー力道場)
vs
竹野元稀(風吹ジム)
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/14564

pagetop