SHOOT BOXING

NEWS

fushimi6月10日(日)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ第三戦『SHOOT BOXING 2018 act.3』のSB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント一回戦で竹野元稀(風吹ジム/同級6位)と対戦する伏見和之(シーザー力道場/同級3位)。一度失ったベルトを奪回すべく、テーマは“リベンジ”。「このトーナメントで全員にやり返してチャンピオンになる」と目標を掲げた。
 
——SB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント出場が決まりました。
「2月大会でヘマをして負けてしまった(川上叶に4RTKO負け)ので自分にはチャンスが来ないと思っていたら、オファーが来たので正直ビックリしました。でも、チャンスをいただいたからにはしっかり取ってやろうと思います」
 
——出場メンバーを見てどうですか?
「トーナメント表を見ると準決勝には、僕に2度勝っている植山(征紀)君がいて、逆ブロックには川上君がいて、一気に借りを返せるチャンスなので楽しみですね。早い段階で強い選手とやっておきたいと思っていて、二回目で植山君とやれるのでいい組み合わせをしてくれたなと思います」
 
——一回戦で対戦する竹野元稀選手についてはどのような印象を持っていますか? 竹野選手には2016年4月に対戦して勝っています。
「とにかくただ打たれ強いですね。打たれ強いので無理にガンガンいってもゴタゴタしてつまらなくなってしまいます。向こうとしてはゴタゴタして俺のことを削ってくると思うので、しっかり出入りの速さを見せてそういうのをやらせないようにします。前対戦したことは参考になりませんが、2年前よりも竹野君は前に出る力、勢いは増していると思います。彼はKO負けしたことがないと思うので僕が倒します」
 
——竹野選手にもインタビューしたところ、「以前対戦した時のような強さは伏見選手にはもうないですし、僕は強くなっています。今回はKOでぶっ倒して準決勝にいきたい」と言われてました。
「言っとけ!という感じですね(笑)。そういうのにもうあんまり相手する気にはなりません。俺は20歳の時、そういうことばかり言ってましたが、もう27歳なので中堅の立場なんですよ。そういうのにイチイチ相手していたら試合前から疲れてしまいます。黙って試合しようよ、試合して結果だけでいいじゃんみたいな。何か他の団体の記者会見で言い合いして掴み合うのって流行ってますよね。そういうのを見ているも疲れてしまいます。竹野君には『ハイハイ、わかったよ』と伝えておいて下さい」
 
——出場メンバーはみんな若い選手ばかりですが、そこは意識しますか?
「今までと立場が逆転したなと。今の子たちは食らいついて何とか上を超えてやろうという気持ちだと思います。自分も若い時はそういう気持ちでいたので、わかっているからこそ、俺を食ってみろ!と思いますね。でもそう簡単に超えられるものではない、勢いで勝てるのはそこまで、ということを証明したいですね。年齢ではどうやっても勝てないので、キャリアは勝っていますし、若さだけで見てもらいたくないです」
 
——伏見選手は27歳という年齢で50戦近いキャリアがあり、もうベテランの域ですね。
「若い時はケガをしても何とかなるだろうと無茶をしてケアをしたことがありません。試合で手を骨折しても1カ月後に試合をしていたのですが、そのツケが回ってきていますね(笑)。その時はトヨタの日本車ですが、今は完全にアメ車です(笑)。打たれたらすぐにぶっ倒れてしまうので、殴られないようにセコンド陣と話をしていきます。昔からスピードを武器にしていたので、もう一回それを取り戻そうと出入りのスピードを今見直して取り組んでいます」
 
——次の試合では伏見選手のスピードに注目ですね。
「あとはリングを大きく使おうと。カウンターも狙っていて、テクニックだったらあのメンバーを見ていても負ける気はしません。今までは元チャンピオンという肩書きもあって、変な試合をしちゃいけないという変なプライドが出てきました。技術で圧倒してやろう、テクニックで勝負してやろうということばかりやってうまくいかないことが続きました。もう自分のやりたいことをやろうとだいぶ気持ちが吹っ切れて、今はみんなと同じ20歳ぐらいの気分で戦います」
 
——逆ブロックからは誰が勝ち上がってくると思いますか?
「川上君に勝ち上がって来てほしいですね。僕の理想は、このトーナメントで全員にやり返してチャンピオンになることです。最後にベルトを取ったとこでマイクを取って『本当にチャンピオンになりたいからもう一回やろう!』と内藤(大樹)君にアピールしたいですね」
 
——2014年11月に初防衛戦でベルトを取られた相手だけに、あの時の悔しさはまだ忘れられないと?
「そうですね。しかも、今回のトーナメント決勝戦が行われる両国国技館でベルトを取られたんです。取られた場所で取り返す。完全に俺がベルトを取るシナリオができているなと感じましたね。それで最後に内藤君に勝ちますよ」
 

▼SB日本スーパーバンタム級王座決定トーナメント一回戦
伏見和之(シーザー力道場)
vs
竹野元稀(風吹ジム)
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/14564

pagetop