SHOOT BOXING

NEWS

murata6月10日(日)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ第三戦『SHOOT BOXING 2018 act.3』のセミファイナルでヒンチャイ・オー.センスックジム(タイ)と対戦するSB日本スーパーフェザー級王者・村田聖明(シーザージム)。20戦目にして初のムエタイ対決を迎えた村田は「KO数を増やしていきたい」と2月大会に続いてKOすると宣言している。
 
——試合が近づいてますが、コンディションはいかがでしょうか。
「調子はいいです。2月大会でやって以来のヒジ打ちありルールになります。あの時はヒジにこわりすぎて自分の得意なパンチを打てなかったので、練習ではヒジをやりつつ、自分の距離でいいパンチを打つことを意識しながらやっています」
 
——ヒジの手応えはどうでしょう。
「凄く調子いいですね。相手は強い選手なので気合が入った練習が出来ています。(タイ人トレーナーの)ダムさんも『キヨ、イイヨ!』と言ってくれています。」
 
——20戦目で初のムエタイ選手との対戦になりました。
「最初、まさかタイ人とやるとは思っていなかったのでタイ人とやると聞いた時はモチベーションが上がりましたね。現役のランカーとヒジありでやるので多少の怖さはありますが、いい経験なのでここで勝てばまた自信が付くのかなと思います」
 
——いつかムエタイ選手と対戦したいとは思っていたのでしょうか。
「強いイメージがあるので出来るのは嬉しいですね」
 
——対戦相手のヒンチャイはタイで人気のビッグマッチ『MAX MUAYTHAI(マックス・ムエタイ)』を主戦場にしている17歳です。映像は見られました?
「ヒジばかり使ってくると思ったのですが、蹴りをタイミングよく当ててくるテクニシャンで、パンチでもKOしている試合があり、何でも出来る選手なのかなと。やりづらそうな相手だと思いました」
 
——前戦となった香港の梁傲軒(ジョエイ・レウン)戦を振り返っていただきたいのですが、1Rから激しい打ち合いを経て最後に見事なKO勝ちでした。
「気持ちを前面に出して倒しに行ったのですが、ガードも甘いところがありました。もし現役タイ人ランカーだったらヒジをもらって斬られて負けることもあります。そうならないようにガードして良く見ながら、攻めるスタイルでいくようにしたいと思います」
 
——その試合前には判定決着が続き、さらにMIO選手が判定負けという波乱もありました。大会の流れを変えないといけないとは思いました?
「そうですね。自分の出番まで会場下のモニターで試合を見ていて会場が盛り上がってないのが伝わってきました。それプラス、シーザー武志会長からは休憩明けのあいさつでプロだったら判定はダメだというお話もありました。このお話がある前から今日は攻めの姿勢で行こうと思っていたのですが、僕がやらなきゃとさらに気持ちが高まりましたね」
 
——チャンピオンになってからは3勝2KOという結果も出ているだけに、意識も変わったのでしょうか。
「そうですね。それもありますが、前回はセミファイナルという位置でやらせていただき、普通はあまり出来ないことです。勝つだけでなく、お客さんを盛り上げることもプロの仕事だと思うようになりました。今度の試合もKOをもちろん狙うので打ち合いも臨むところです。僕はまだKO勝ちが少ないのでこれからKO数を増やしていきたいですね」
 
——連勝記録も更新していて絶好調ですね。
「あまり意識していないのですが、気付いたら9連勝でした。次勝って10連勝したいですね。プロデビュー後7連勝して、3連敗して今9連勝と波が激しいです(笑)。ちなみに僕は何でも遅咲きなのでこつこつ積み上げて結果を出していくタイプなんです」
 
——5月27日には、弟の義光さんがJ-NETWORK 2018 アマチュア四大トーナメントのウェルター級トーナメントで優勝しましたね。
「多少刺激になっています(笑)。弟は183㎝と身長が高くて体幹が強く、首相撲ではあまり勝てる人もなかなかいないんじゃないでしょうか。あの高さからヒザを出されるとなかなか怖いんです。長男の僕が良いところを見せないといけないので今度の試合は頑張ります」
 

▼第7試合 62.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
SB日本スーパーフェザー級王者
村田聖明(シーザージム)
VS
MAX MUAYTHAI -61kg級6位
ヒンチャイ・オー.センスックジム(タイ/センスックジム)
 
大会概要はこちら
https://shootboxing.org/tournament_schedule/14564

pagetop