SHOOT BOXING

NEWS

 


11月7日(水)東京・浅草ビューホテルにて記者会見が行われ、『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2012』のトーナメント組み合わせがついに発表された。


 シーザー武志会長が「お客さんが喜んでくれるカードを考えた」と言うように、トーナメントもワンマッチも注目度の高い組み合わせが出揃った。まず、トーナメント1回戦は鈴木博昭vsヨアキム・ハンセン、ヘンリー・オプスタル(ウォーレン・スティーブルマンズが拳の負傷により欠場となったため、リザーブマッチ出場から繰り上げ)vsボーウィー・ソーウドムソン、宍戸大樹vsJ.Z.カルバン、アンディ・サワーvsケム・シッソーンピーノーンという組み合わせに。これは、軽い部類(通常の試合は70kgよりも軽い体重で戦っている選手)が前半、重い部類(普段から70kgの階級で戦っている選手)が後半というように振り分けられたもの。


 鈴木は「ようやく戦える日が近くなってきて楽しみ以外はない。この日をどれだけ待ち望んでいたか。早く(試合までの)10日間が過ぎてくれないかなと思っています。(ハンセンは)いかつい兄ちゃんで、実績も実力もあるし、もう興奮以外にない」と、試合が待ち遠しい様子。ハンセンは「試合を前にして凄く興奮している。鈴木選手は強くてSBのスキルが高い。私は勝つ意識を強く持ってこの試合に臨みたい」とコメント。ハンセンは現在、SBルールに適応すべくシーザージムで練習を積んでいると明かした。


 カルバンと1回戦での対戦が決まった宍戸は、「自分はこの日のために今までしんどい中、頑張って来れました。自分にとって最高の結果が出せるように全力で頑張ります」と意気込みを語り、「カルバン選手の印象は総合格闘家というよりも打撃系の選手というイメージ。今まで戦ってきた総合格闘家の中でも完成度の高い選手だと思うので慎重にいきます。でも自分自身、1回戦で負けることは全く考えていないので全力を尽くします」とコメント。


 宍戸は「準決勝にはアンディ・サワーが上がって来ると思うので、そこでしっかりと借りを返して(今まで2戦して宍戸が2敗)決勝まで進みたい」と、サワーへのリベンジをテーマとして掲げた。鈴木は「決勝で宍戸選手とあいまみえるのが最高のシナリオだと思う」と、宍戸との日本人シュートボクサー同士での決勝戦を望んだ。


 リザーブマッチでは鈴木悟vs郷野聡寛が決定。 郷野は以前から「鈴木悟(元プロボクシング日本ミドル級王者)とボクシングだけで勝負したいね」とアピールしており、今回はその念願がかなっての一騎打ちとなった。


 しかし郷野は、「SBに参戦すると決めた今年の6月に、出来れば彼とボクシングだけでやりたいという話をして、いま彼とこうして組まれた。でも実は先月、いまボクシングをやっている総合格闘技出身の三浦広光にスパーリングに呼んでもらって、自分と同じくらいの体格の日本トップクラスのボクサーとスパーリングをやらせてもらい自己満足は満たされた」と、ボクシング対決に興味がなくなったと発言。


 郷野は続けて「もうボクシングじゃなくてもいいかなと思うんだけど、6月に俺が言った手前、そういうわけにはいかない。だから今度の試合は彼がパンチだけで来たら俺もパンチだけでやるし、蹴っ飛ばして来たら俺も蹴りに行くし、彼が投げてきたら俺も投げるというように、彼にルールを決めてもらってやろうと思っています」と、戦い方は相手の出方次第だと語った。


 この郷野の発言に対し、鈴木は「まず規定時間内に計量をパス出来なかったこと(郷野は9月17日のボーウィー戦で規定時間内に計量をパス出来ず、ペナルティーが課せられた)、それとボーウィーに1Rで倒されていて(鈴木は2月にボーウィーに判定勝ち)、よくそこまで上から目線で言えるなと驚かされた」と厳しい指摘。そして「今回の試合はパンチだけで打ち合う試合をして、郷野選手には言ったことを後悔してもらいたい」と言い放った。それに対して郷野がすぐにマイクを握り、「楽しみにしています。俺が唯一心配なのは、虚を突いてハイキックを蹴ったりしないで欲しいな」と言えば、鈴木は「僕はハイキックが出来ないから大丈夫。約束する」と、パンチだけの勝負を受諾した。


 さらに鈴木は郷野のボクシング技術のことを聞かれて、「特に印象はないです。どの辺でそんなに自信を持たれているのか僕には分からない。今までパンチ自慢の人とやってきたけれど、はっきり言って(SBは)ボクシングとは別物です。ボクシング対決なんて言葉を出して欲しくない。ボクシングはボクシングの世界だけでやっているものなので、このリングでパンチだけでやるならパンチ対決ということです」と、郷野に対して怒りをあらわにした。


 会見にはすでにワンマッチでの対戦が発表されている、ナグランチューン・マーサM16vs小宮山工介(北斗会館)、MASAYA(シーザージム)vs才賀紀左衛門(フリー)の4選手も出席した。以下、各選手のコメント。


MASAYA
「S-cupの大会に出させていただいたことを感謝して必死に練習しています。格上の才賀選手とやらせていただくことで凄く緊張していますが、やるからには勝たせていただきます。トーナメント以上にインパクトのある試合をします」


才賀
「MASAYA君は8連勝しているのでここで連勝を止めたい。投げの練習もしているので大丈夫。僕は身体が強いので。SBの60kgのベルトも欲しいのでよろしくお願いします」


マーサM16
「S-cupの大会にやっと出場のチャンスをつかみました。小宮山選手には一階級上の王者の歌川(暁文)選手が前回負けて、SBのリングが外敵に荒らされるのはいい気持ちがしなかった。SBのリングは僕が死守します」


小宮山
「先ほどシーザー会長に“もっと殴り合え”“技の掛け逃げはするな”とお叱りと激励の言葉をいただいたので、今回はバチバチ殴り合いをする気持ちでいます。僕はこの階級で一番強いと思いますから、バチバチ打ち合いましょう」


 なお、ワンマッチには、いまヨーロッパで最も注目を集めている31勝2敗の超新星アンディ・リスティ(スリナム)が日本初登場することも発表された。




 

開催概要

 

◆大会タイトル
SHOOT BOXING WORLD TOURANAMENTS-cup2012
 

◆開催日時
2012年11月17日(土)
OPEN 15:00/本戦START16:00 (予定) 
 

◆会場
両国国技館
 

◆主催
シュートボクシング協会
 

◆認定
シュートボクシングコミッション
 

◆映像協力
Fighting TV!サムライ
 

◆協力病院
格闘メディカル協会/東京警察病院/森川医院
 

◆衣装協力
BEAMS
 

◆チケット料金
ロイヤルシート(アフターパーティー券・パンフレット付き)30,000円
アリーナRS席25,000円(パンフレット付き)
アリーナSS席20,000円
アリーナS席15,000円
スペシャルマス席(パンフレット付き・最大2名まで)25,000円
マスRS席(1マス2名様着席可能・表示金額はお一人様の料金です)20,000円
マスSS席(1マス2名様着席可能・表示金額はお一人様の料金です)15,000円
マスS席(1マス2名様着席可能・表示金額はお一人様の料金です)10,000円
マスA席(1マス2名様着席可能・表示金額はお一人様の料金です)7,000円
スタンドA席10,000円
スタンドB席5,000円
スタンドC席3,000円
※当日券は各500円増し。
 

◆チケット販売所
チケットぴあTel0570-02-9999/ローソンチケットTel0570-084
-003(24時間受付)/e+(イープラス)http://eplus.jp/battle/ CNプレイガイドhttp://www.cnplayguide.com/BoutReview(バウトレビュー)http://www.boutreview.com/フィットネスショップTel03-3511-2711/レッスル池袋Tel03-3989-0056/チャンピオンTel03-3221-6237/書泉グランデTel03-3295-0011/後楽園ホールTel03-5800-9999/シュートボクシング協会Tel03-3843-1212
 

◆お問い合わせ
シュートボクシング協会Tel03-3843-1212
 

◆チケット発売日
2012年9月22日(土)~

対戦カード

 

▼S-cup2012 1回戦第1試合 3分3R延長1R
鈴木博昭(ストライキングジムAres/SB日本ライト級王者)
vs
ヨアキム・ハンセン(ノルウェー/ヘルボーイハンセンMMA/第6代修斗世界ウェルター級王者、初代DREAMライト級王者)

▼S-cup2012 1回戦第2試合 3分3R延長1R
ヘンリー・オプスタル(オランダ/TEAM SOUWER/WMC欧州スーパーウェルター級王者)
vs
ボーウィー・ソーウドムソン(タイ/WMC世界ウェルター級王者)

▼S-cup2012 1回戦第3試合 3分3R延長1R
宍戸大樹(シーザージム/S-cup2004準優勝、前SB東洋太平洋ウェルター級王者)
vs
J.Z.カルバン(アメリカ/HERO’Sミドル級世界王者決定トーナメント2006&2007優勝)

▼S-cup2012 1回戦第4試合 3分3R延長1R
アンディ・サワー(オランダ/TEAM SOUWER/S-cup2002・2004・2008優勝)
vs
ケム・シッソーンピーノーン(タイ/THAI FIGHT67kg王者/元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級 王者、元プロムエタイ協会認定フェザー級王者、WBCムエタイ世界スーパーウェルター級王者)

▼S-cup2012 準決勝第1試合 3分3R延長1R
鈴木vsハンセンの勝者
vs
オプスタルvsボーウィーの勝者

▼S-cup2012 準決勝第2試合 3分3R延長1R
宍戸vsカルバンの勝者
vs
サワーvsケムの勝者

▼S-cup2012 決勝戦 3分3R延長2R
準決勝第1試合の勝者
vs
準決勝第2試合の勝者

▼S-cup2012 リザーブマッチ 3分3R延長1R
鈴木 悟(Unit-K/バンゲリングベイスピリッツ/SB日本スーパーウェルター級王者)
vs
郷野聡寛(フリー/PRIDEウェルター級GP3位)

▼SB公式戦 60.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
ナグランチューン・マーサM16(及川道場/SB日本フェザー級王者)
vs
小宮山工介(北斗会館/RISEスーパーフェザー級王者)

▼SB公式戦 63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
MASAYA(シー ザージム/SB日本スーパーライト級1位)
vs
才賀紀左衛門(フリー/K-1MAX63㎏日本トーナメント第3位) 

▼SB公式戦 ヘビー級契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R
マグナム酒井(士魂村上塾/第6代MA日本キックボクシング連盟ミドル級王者)
vs
井上俊介(フリー/DEEPメガトン級GP準優勝)

出場決定選手=アンディ・リスティ(スリナム/FFCカルビンジム/UMC&WKN世界70kg級王者)
日菜太(クロスポイント吉祥寺/K-1MAX2010日本3位)


pagetop