SHOOT BOXING

NEWS

5月27日、都内ホテルにて6月23日の後楽園ホール大会『SHOOT BOXING2013 act.3』に関する記者会見が行なわれた。ここで発表されたのは、総合格闘技団体パンクラスとの対抗戦。シュートボクシングからはアンディ・サワー、宍戸大樹、鈴木博昭と主力選手がいきなり登場することに。

4月大会で、格闘技界を盛り上げるために団体の枠を取り払ったマッチメイクの実現を訴えたシーザー武志会長。その呼びかけに、真っ先に手を挙げたのがパンクラスだったという。「格闘技界の状況を打破して、未来を作っていきたいということで意見が一致しました」とシーザー会長。パンクラスの酒井正和代表は「格闘技業界を熱くしていきたい。アマからプロ、世界へというスキームを作るという点で、参考にしてきたのがシュートボクシングの歴史。対抗戦を行なうのは私の悲願でした」とコメント。

パンクラス側からの出場選手は発表されていないものの、酒井代表は「この対抗戦は歴史対歴史。それに恥じないような、真っ向勝負できる選手を当てたい。日本人に限らず、パンクラスを背負っている選手に出てもらいます」と気合い充分。またシーザー会長によると、試合のルールもこれから発表とのこと。何かしらの特別ルールが採用される可能性もありそうだ。

創設から28年のシュートボクシングに対し、パンクラスは今年で旗揚げ20周年。まさに歴史ある団体同士の対抗戦だ。そして両団体は、ともに“プロレスの神様”カール・ゴッチをルーツとしている。「ゴッチさんと出会ったのが30年ほど前。シュートボクシングを作るアイディアをもらいました。パンクラスもゴッチさんが命名したということで感動しています」とシーザー会長。

さらにシーザー会長は「真剣勝負の素晴らしさを伝え、お客さんに喜んでもらえるマッチメイクにしたい」とも。シュートボクシングは11月に両国国技館、パンクラスも9月に横浜文化体育館で20周年記念のビッグイベントが控えているだけに、今回の対抗戦を皮切りにどんな展開があるのかも楽しみなところ。シュートボクシングとパンクラスが格闘技界に与えるインパクトに期待したい。

 

開催概要

◆大会タイトル     SHOOT BOXING2013 act.3
◆開催日時        2013年6月23日(日)OPEN 17:15/本戦START17:30
◆会場         後楽園ホール
◆主催         シュートボクシング協会
◆認定         シュートボクシングコミッション
◆映像協力      (株)アースオン
◆TV放送       BSフジ
◆協力病院       格闘メディカル協会/東京警察病院/森川医院
◆衣装協力       BEAMS
◆チケット料金     RRS席¥15,000(最前・2列目:パンフレット付き)/RS席¥10,000/SS席¥7,000/S席¥6,000/A席¥5,000/B席¥4,000 ※当日券各¥500増
◆お問い合わせ          シュートボクシング協会   Tel 03-3843-1212
◆チケット発売          2013年5月18日(土)~


チケット販売所

[一般チケット販売]

協会オフィシャルネットショップ TEL 03-3843-1212 

http://shootboxing.ocnk.net

チケットぴあ TEL 0570-02-9999 

http://t.pia.jp/

ローソンチケット TEL0570-084-003(24時間受付) 

http://l-tike.com/

CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/
eプラス http://eplus.jp/sys/web/sports/battle/index.html
BoutReview(バウとレビュー) http://www.boutreview.com
後楽園ホール TEL 03-5800-9999
フィットネスショップ TEL 03-3511-2711
書泉グランデ TEL 03-3295-0011
チャンピオン TEL 03-3221-6237
レッスル池袋 TEL 03-3989-0056
pagetop