SHOOT BOXING

NEWS



2014年6月22日(日)東京・新宿FACEにて開催された『J-GIRLS 2014 〜The shining wild angels〜 2nd』に、シュートボクシング協会から元SB日本女子フライ級王者・高橋藍(シーザージム)が初参戦。いきなり現J-GIRLSバンタム級王者・陣内まどか(エスジム/WPMF女子日本バンタム級王者)と激突。19勝のうち10勝がKOという女子離れした威力を誇る高橋のパンチと、ムエタイ仕込みの陣内のキックの対決に注目が集まった。
 
■J-NETWORK
『J-GIRLS J-GIRLS 2014 〜The shining wild angels〜 2nd』
2014年6月22日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30
 
▼55kg契約/サバイバルマッチ1
 SB日本女子バンタム級2位/Girls S-cup53.5kg日本トーナメント準優勝/元SB女子日本フライ級王者
○高橋藍(シーザージム)
 VS
 J-GIRLSバンタム級王者/WPMF女子日本バンタム級王者
●陣内まどか(エスジム)
 
延長判定2−1 ※10−9、10−9、9−10
※本戦は1−1(30−29、29−30、29−29)
 
1R、陣内の前蹴りを中心としたキックを捌きつつ、前に出てパンチを狙う高橋。高橋がキックの距離を潰してパンチを当てにいくと、陣内が 思わず掴んでヒザを入れてしまいイエローカード(注意)を提示される。
 
2R、高橋はミドルキックを交ぜながら陣内をパンチの射程距離に捉えようと前進。陣内はその高橋のパンチに連打でミドルを返す一進一退の 攻防。
 
3R、高橋の前進力が次第に上回り、右ミドルキックを当てながらも陣内から組み付く展開が多くなる。しかし、密着されパンチを繰り出せない高橋が、陣内のミドル キックをキャッチして足払いで転倒させたためにイエローカードを提示される。
本戦では決着がつかずに延長戦に突入。
 
延長R、徹底して右ミドルキックを繰り出し、近距離では組み付いて高橋にパンチを打たせない陣内だが、高橋はかまわず強引に前進しパンチ をヒットさせる。中盤からはキックにパンチを合わせられ後退を余儀なくされた陣内に、高橋が猛攻を仕掛ける激しい展開のまま終了のゴング。
 
見事勝利を収めた高橋は、後日SBのリングでSBルールによる再戦が決定していることに対し「KO出来たら(再戦は)『受けてたつもんか』 と言いたかったのですが、不甲斐ない試合をしてしまったのでいつでも受けて立ちます」とアピール。

 

pagetop