SHOOT BOXING

NEWS

11月28日、シュートボクシング本部道場であるシーザージムにて、『S-cup2014』(11月30日、両国国技館)でスーパーEXマッチに 登場するプロレスラー・飯伏幸太が最終調整となるトレーニングを行なった。
 
当初、飯伏の相手は格闘家・才賀紀左衛門が予定され、一部メディアにもカードが掲載されていた。しかし飯伏がシュートボクシング用の練習をする中で、その技が「受け身に慣れていない格闘家には危険すぎる」と、シュートボクシング、DDT関係 者が判断。体重差も考慮し、飯伏と同じDDTプロレスリングの中澤マイケルとの一戦が正式決定カードとなった。
 
飯伏いわく、「普段はマジメな試合をしようとしない」マイケルだが、実は柔道二段。DDTで行なわれた柔道王選手権で優勝し、大家健とのキックボクシング戦でも勝利。近年では佐藤光留率いるUWFスタイルの大会「ハードヒット」 にも参戦しており、“適性”は意外にも高そうだ。そんなマイケルを、飯伏も「フィジカル、特に体幹が強いです」と評価。そして、だからこそ「遠慮なくいけますね。ベストなものが出せる相手だと思います」とも。
 
蹴り技、空中殺法に加え、頭上に持ち上げた相手をマットに叩きつけるシットダウン式ラストライド、各種スープレックスなど投げ技も得意としている 飯伏。シュートボクシングルールに関しても「投げがあるので、やれることが多いですね。使える技はすべて使っていきたい」と言う。この日の練習には女子プロレス団体・スターダムの風香GMも合流。

 
現役時代、エキシビションだけでなく公式戦でもシュートボクシングに出場した立場から、飯伏とともに策を練ったようだ。「私の経験では、公式戦では緊張しすぎたんですけど、エキシビションは純粋に楽しめました」という風香GM。それだけに、飯伏にも「私以上に派手な闘いを見せてほしい。格闘技ファンの方にもプロレスラーの華やかさを知ってもらえたら。打撃だけじゃなく投げ技、それに飛び技も見たいですね。 会場がどんな盛り上がりになるのか楽しみです」とエールを送った。
 
試合プランに関しては「お客さんが求めているものを見せたい。僕に何を求めているのかが気になりますね」と、会場の雰囲気を感じながら闘うことに なりそうな飯伏。以前からプロレスファン以外の観客に自分の闘いを見せたいという希望を持っており、今回はそれが実現することとなる。「会場はシュートボクシングのファンが多いと思うんですが、その人たちに少しでもプロレスが好きになってもらえたら。そして僕のことを見に来てく れるプロレスファンの人たちには、シュートボクシングを好きになってほしい。そういう闘いができたらベストですね」そう語った飯伏。
 
これまで数々のタイトルを獲得し、史上初となるDDTと新日本プロレスの2団体所属にもなったプロレス界の至宝“ゴールデン☆スター”は、シュー トボクシングルールでどんな闘いを見せるのか。一方、飯伏との対戦が決まったマイケルは、風香GMによると「プロレスの復讐をシュートボクシングでやろうと思ってるらしいです。柔道技で投げまくる、と」。

シュートボクシング公式グローブを入手し、独自に練習を行なっているというマイケルは、シュートボクシング協会に写真とメッセージを送付。アンダータイツを脱いで手に巻きつけ、股間部分を相手の顔面に押し付ける必殺技「アルティメット・ベノムアーム」を準備するなど、早くも熱くなっ ている模様だ。シュートボクシングルールでは当然認められていないが、限りなくその枠を超えそうでもあるこの一戦。まさしく予測不可能だ。
 
[中澤マイケルからのメッセージ]
「自分は年齢的にもプロレスラーとして残された時間は、おそらく長くないでしょう。そんな中、飯伏さんと、それもシュートボクシングルールで闘う ことができるというのは凄いこと。路上プロレスや工場プロレスなど、今までやったことのないことに踏み込んできたのがDDT。初めてDDTの選手としてアメリカで路上プロレスをやったのが、自分と飯伏さんでした。今回もDDTらしく、僕と飯伏さんにしかできない何かを見せたい。
 
飯伏さんには、これまでさんざんヒドいことをされてきました。まあ何やっても大丈夫と思われてるんでしょう。だけど、僕もそれでケガしたことがないですから。お互い闘いながら楽しんでるし、全力でいける。アルティメット・ベノムアームも準備してます。とりあえず、グローブ着けた状態でアンダータイツを脱ぐ方法を研究中。まぁ今回はプロレスとは違い ますが、みなさんがこれまで見たことのないものを見せたい。お客さんがドン引きしようが無言になろうが見せてやりますよ」
 
====================================================================
★全対戦カード
 
≪S-cup世界トーナメント2014出場選手≫
【65.0㎏/3分×3ラウンド:延長1ラウンド】
  
S-cup65㎏日本トーナメント2013王者・SB日本スーパーライト級王者
鈴木 博昭(ストライキングジムAres)
VS
元ルンピニースタジアム&プロムエタイ世界フェザー級王者
ポンサネー・シットモンチャイ(タイ/シットモンチャイジム)
 
WMCインターコンチネンタル・フェザー級王者
モサブ・アムラーニ(モロッコ/ムシドジム)
VS
BELLATORバンタム級
ロバート・エマーソン(アメリカ/チーム・オオヤマ)
 
戦極フェザー級GP2009準優勝・S-cup65㎏日本トーナメント2013準優勝
小見川 道大(吉田道場)
VS
前WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーライト級王者
ケビン・ロス(アメリカ/スローダウン・トレーニングセンター&CSAジム)
 
SB東洋太平洋ウェルター級王者
宍戸大樹(シーザージム)
VS
WFC世界スーパーライト級王者
ウシネ・ベノーイ(アルジェリア/Team Nasser K)
 
≪スペシャルマッチ≫
【70.0㎏/3分×3ラウンド:延長無制限ラウンド】
S-cup世界トーナメント2002/2004/2008/2012王者
アンディ・サワー(Team Souwer)
VS
修斗世界ウェルター級王者
弘中 邦佳(マスタージャパン)
 
【50.0㎏/3分×5ラウンド:延長無制限ラウンド】
Girls S-cup世界トーナメント2010・2012・2014王者
RENA(及川道場)
VS
WPKL女子世界フライ級王者
イシス・バービック(ボスジム)
 
≪スーパーEXマッチ≫
第61・64・67代IWGPジュニアヘビー級王者
飯伏 幸太(DDT/新日本プロレス)
VS
中澤マイケル(DDT)
 
【70.0㎏/3分×3ラウンド:延長無制限ラウンド】
SB日本スーパーウェルター級王者
坂本 優起(シーザージム)
VS
初代ZSTウェルター級王者
内村 洋次郎(イングラム)
 
【63.0㎏/3分×3ラウンド:延長無制限ラウンド】
SB日本ライト級1位
海 人(立志会館)
VS
修斗バンタム級
石原 夜叉坊(修斗GYMS直心会)
 
≪SB日本スーパーバンタム級タイトルマッチ≫
【55.0㎏/3分×5ラウンド:延長無制限ラウンド】
SB日本スーパーバンタム級王者
伏見 和之(シーザー力道場)
VS
挑戦者/SB日本スーパーバンタム級2位
内藤 大樹(ストライキングジムAres)
 
≪S-cup世界トーナメント2014リザーブマッチ≫
【65.0㎏/3分×3ラウンド:延長1ラウンド】
WMC世界ウェルター級王者
ボーウィー・ソー.ウドムソン(タイ/ワンソンチャイプロモーション)
VS
修斗ライト級新人王トーナメント王者
西浦“ウィッキー”聡生(日本/シューティングジム横浜)
 
SB日本ヘビー級1位
南国超人(龍生塾)
VS
マグイリンハ(ブラジリアンタイ)≪オープニングファイト≫
 

≪オープニングマッチ≫
【フェザー級/3分×3ラウンド:延長無制限ラウンド】
SB日本スーパーバンタム級 
大桑 宏章(シーザージム渋谷)
VS
充 志(RIXIX)
 
【スーパーフェザー級/2分×3ラウンド:延長1ラウンド】
SB日本スーパーフェザー級
村田 聖明(シーザージム)
VS
高田 彰二(和術慧舟會駿河道場)
 
【フライ級/2分×3ラウンド:延長1ラウンド】
SB日本女子ミニマム級
Union朱里(名古屋GSB)
VS
SB日本女子フライ級
ありさ(シーザージム新小岩)
 
【スーパーライト級/2分×3ラウンド:延長1ラウンド】
SB日本ライト級
BENNI(ストライキングジムAres)
VS
柳瀬 聡一郎(RIKIX)                    
 

 

開催概要

◆大会タイトル    QueSeraJapon Presents
           SHOOT BOXING S‐cup 世界トーナメント 2014
◆開催日時        2014年11月30日(日) 13:00会場/14:00開始(オープニン グファイト13:15~)
◆会場          両国国技館 東京都墨田区横綱1-3-28
◆主催         シュートボクシング協会
◆認定         シュートボクシングコミッション
◆協力病院       格闘メディカル協会/東京警察病院/森川医院
◆衣装協力       BEAMS
◆映像協力       (株)アースオン
◆チケット料金     VIP 席¥30,000(パンフレット付)/アリーナ A席¥20,000/アリーナ B席¥15,000/マスSS席 ¥20,000/マスA席 ¥10,000/マスB席 ¥7,000/スタンドA席¥5,000/スタンドB席¥4,000/スタンドC席¥3,000
※当日券は各¥500UP
※マス席の表示金額はお一人様の料金です。マス席は2名様ご着席となっております。
◆お問い合わせ     シュートボクシング協会 TEL03-3843-1212
◆チケット発売日    2014年10月11日(土)~ 

チケット販売所

[一般チケット販売]

協会オフィシャルネットショップ TEL 03-3843-1212 

http://shootboxing.org/shop/products/list.php?category_id=24

チケットぴあ TEL 0570-02-9999 

http://t.pia.jp/

ローソンチケット TEL0570-084-003(24時間受付) 

http://l-tike.com/

CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/
eプラス http://eplus.jp/sys/web/sports/battle/index.html
BoutReview(バウトレビュー) http://www.boutreview.com
後楽園ホール TEL 03-5800-9999
フィットネスショップ TEL 03-3511-2711
書泉グランデ TEL 03-3295-0011
チャンピオン TEL 03-3221-6237
レッスル池袋 TEL 03-3989-0056

      

pagetop