SHOOT BOXING

NEWS

3月21日、後楽園ホールで開催された立ち技格闘技イベント『RISE104』に、シュートボクシングから藤本昌大が参戦した。対戦相手はデビュー以来全勝の16歳、“天才高校生”とも呼ばれる那須川天心。
 
藤本は元SB日本スーパーバンタム級チャンピオン。注目株の那須川に勝てばRISE王座挑戦、SB戦線でも再浮上の可能性があるチャンスだったが……。1ラウンド、ローキックを軽快に放っていった藤本だが、那須川の強力な左ミドルからヒザ蹴りをボディに被弾してダウン。さらにボディ攻撃からパンチを浴びてダウンし、そのままKOに(1ラウンド2:06)。
 
衝撃的な敗北だったが、これから藤本が、そしてシュートボクシングがどう巻き返すのか、注目したい。
 

pagetop