SHOOT BOXING

NEWS


この春より、シュートボクシング加盟ジムであるシーザージム渋谷およびシーザージム新小岩の常勤トレーナーとして大江愼氏が就任いたしました。
 
大江氏は1970年生まれ。16歳でシーザージムからプロデビューし、日本タイトルを獲得するなどトップファイターとして活躍しました。その後、UWFインターナショナル・スタンディングバウト部門の選手としても参戦。吉鷹弘戦は格闘技史上に残る激闘として知られています。指導者としても、これまでU.W.F.スネークピットジャパンで歌川暁文(前SB日本スーパーフェザー級王者)など多くの強豪を育成してきた大江氏。月曜・水曜・金曜が渋谷ジム、火曜・木曜・土曜が新小岩ジムでの指導となります。両ジムでは、大江氏の指導によるプロ強化クラスも開設予定。今後の大江氏、両ジムの選手たちにぜひご期待ください。
 
<大江氏からの意気込みコメント>
「この度、私大江愼は生まれ育ったシーザージムに帰ってまいりました。19歳でSBを離れ、26年間様々な経験をしてまいりましたが、SB30周年とシーザー会長が還暦を迎えるこの年に私も原点回帰し、シュートボクシングの発展に力添えすることができたらと考えております。心も身体も強く健全なプロ選手育成、個々の目的に合わせた一般会員の指導。これらの取り組みが私の格闘技人生における集大成となり、結果シーザー会長とシュートボクシングへの恩返しになればとワクワクしております!」 

pagetop