SHOOT BOXING

NEWS

 7月29日(金)東京・シーザージム渋谷にて、8月19日(金)東京・SHIBUYA-AXで開催されるシュートボクシング(以下SB)の女子格闘家最強決定トーナメント『Girls S-cup2011日本予選~ツヨカワGirls真夏の祭典~』の記者会見が、RENA(及川道場)のワンマッチ出場が正式に発表された。

 6月5日後楽園大会で高橋藍とのSB日本レディース王座決定戦で敗れて以来の試合となるRENAについて、会見に出席したシーザー武志会長は「RENAは久しぶりに負けたことで、気持ち的に今後どうやっていこうか迷っていた部分もあると思います。格闘技だけに負けないとうまくならないこともあります。まだRENAは20歳で、まだまだ頑張っていける年齢です。本人もまた頑張っていきたいという気持ちでいます。本人の頑張っている姿を見てもらいたいと思います」とコメント。

 シーザー会長から激励の言葉を受けて、RENAは「高橋選手と試合をして結果的に負けてしまいました。凄く懸けていた試合で負けたのでショックでした。引退しようと思っていたのですが、シーザー会長始め、及川道場の仲間、周りの人々が応援してくれて、ここで諦めてはダメだと思い、今回のワンマッチ出場を決めました。みんながここからの巻き返しを見たいというので、その気持ちに応えようと思います。期待して下さい。私、頑張ります!」と堂々と復活を宣言した。敗戦を味わったことで「支えてくれている方々の温かさが伝わってきました」と改めて感じたこともあるという。

 Girls S-cup2009日本&2010世界を連覇しているRENAは以前行われた会見で「三連覇したいと思います」と今大会で行われるS-cup2011日本代表決定トーナメントに出場を希望していたが、ワンマッチ出場については「今回トーナメントでも、ワンマッチでもどちらでも良かったのですが、特に理由はありません」と説明する。

 シーザー武志会長は、「(RENAは)日本でも勝っているし、世界も獲っています。特別枠としてこのトーナメントに出なくても、ワールドトーナメントに出てもらおうと思っています」と特別枠で2012年に開催予定の世界トーナメントに出場させたい意向を示していた。

 現在、対戦相手は決定していないが、戦いたい相手について聞かれたRENAは「相手がどうというよりも今回は自分との戦いだと思っています。日本人でも、日本人じゃなくても私は自分の戦いをするだけです」とし、「私の復活を見てもらいたいので、Girls S-cupで一番いい試合をします」と意気込みを語っていた。
 なお、S-cup2011日本代表決定トーナメントの出場メンバーは近日中に発表され、組み合わせ抽選会が行われる。

pagetop