SHOOT BOXING

NEWS

メイン -61・5kgキャッチウェイト エキスパートクラス特別ルール

島田洸也(シーザー力道場)vs崎村匡如(グラップリングシュートボクサーズ)

本戦3-0 島田洸也

階級は違うもののキャッチウェイトで行われたランカー同士の対戦。

1R島田が右ハイキックで先制のダウンを奪い2Rまで島田が優位に試合を進める。

3R崎村がパンチと膝で怒涛の攻めを見せるも島田がしのぎ切り本戦3-0で島田が判定勝利。

試合後、島田は「僕たち若手がシュートボクシング東京、名古屋を盛り上げていきます!」とマイクで締めた。

 

セミファイナル  SBライト級エキスパートクラス特別ルール

高嶋龍弘(シーザー力道場)vs玉川和輝(グラップリングシュートボクサーズ)

3R 2:06(セコンドタオル投入により)TKO 高嶋

 

1R玉川の長身から繰り出す左ミドル、左膝に距離を詰められない高嶋だったが、2R中盤タイミングをつかんだ高嶋が回転の速い連打でダウンを奪う。

何とか2R凌いだ玉川だったが3Rまた高嶋の連打に捕まるとセコンドからのタオル投入でレフェリーストップ、終わってみれば高嶋がランカーの底力を見せつけた1戦となった。

 

ヤングシーザー授賞式

シュートボクシング協会シーザー武志会長代行としてS-Cup2006世界王者シュートボクシング協会代表 緒形健一氏より発表。

第一試合で衝撃的なKO勝利を収めた浦俊徳(グラップリングシュートボクサーズ)が受賞。

 

ヤングシーザー第11試合

特攻隊長雷神(ガムランナック)vsノリ山村(グラップリングシュートボクサーズ)

本戦3-0 特攻隊長雷神 1Rノリ山村にダウン1

 

ヤングシーザー第10試合

ルード(グラップリングシュートボクサーズ)vs浦野啓太(ストライキングジムアレス)

3R0:53 ドクターストップ(ルードの鼻骨骨折により)TKO 浦野

2RバックドロップによりルードSP2(ルード)

 

ヤングシーザー第9試合

牧野慎一(勇三道場)vsJHONNY(OISHIGYM)

EX1R 3-0 牧野慎一

 

ヤングシーザー第8試合

森下秀二(CBIMPACT)vs元山修一(ストライキングジムアレス)

本戦3-0 森下秀二

 

ヤングシーザー第7試合

KENICHI(バンゲリングベイ浜松)vs二田水敏幸(NEXSPORTS)

2R 0:22 KO (二田水のバックスタンディングチョークでKENICHIが失神)

 

ヤングシーザー第6試合

ゲン・イケダ(クラブバーバリアン)vsBARET(INSPIRE‐S)

本戦判定2-0 BARET

 

ヤングシーザー第5試合

浦俊徳(グラップリングシュートボクサーズ)vs都築勇太(稽道会)

1R2:00 KO(左ストレート) 浦俊徳

pagetop