SHOOT BOXING

NEWS

来る11月5日(土)と6日(日)の2日間に渡り、東京ドームシティーホールにて開催されるシュートボクシングと修斗の合体イベント『SHOOT the SHOOTO 2011』。この度、シュートボクシング協会主催となる6日(日)の大会に、RISEライト級1位・水町浩が初参戦!
若手ホープのSB日本ライト級2位の松花征也と激突する。

水町は、MA日本キックボクシング連盟でライト級とウェルター級の2階級を制し、WMAF世界ウェルター級初代王者となった村上塾のトップファイター。先日の『RISE83』でも、RISEライト級王者・吉本光司とお互いに一歩も引かない乱打戦を展開し会場を大いに沸かせた。これまで数多くの対戦相手をマットに沈めてきた必殺の飛びヒザ蹴りを引っ提げて士魂・水町がSBマット初参戦を果たす。

 

対する松花は、SB日本Sバンタム級1位・崎村暁東らが所属する名古屋GSBの若手のホープ。高校一年生でK-1甲子園中部地区大会を制し、その後SBプロデビュー。素早いコンビネーションを武器としたスマートな闘いを身上としていた松花だが、この夏シーザージムに一ヶ月間の出稽古を敢行するとそこにハートの強さが加わり、その後の2戦は見違えるようなファイトスタイルで対戦相手を圧倒するなど見事な変貌を遂げた。大舞台で格上との対戦に燃える松花と、士魂・水町の魂のド突き合いに注目だ。

 
 


pagetop