SHOOT BOXING

NEWS


8月8日、東京女子プロレス・新木場1st RING大会にて、同団体に所属する山下実優の公開記者会見が行われました。山下は空手出身で、中学時代に県大会優勝、全国大会3位。東京女子プロレスでも、蹴り技を武器にエースとして活躍しています。
 
今年5月から「蹴りを磨こうと思って」シュートボクシングの練習を始めたところ「性格上、とことんやりたいと思うようになりました」と山下。その練習ぶりと実力が認められ、8月21日(金)開催の『Girls S-cup』大田区総合体育館大会のワンマッチに出場することが決定しました(対戦相手は最終調整中)。
 
シュートボクシング参戦に向け、山下は「出るからにはとことんやりたい。しっかり気持ちを固めて、練習していきたいと思います」と意気込みをコメント。
 
シーザージム渋谷で山下のコーチを務める大江慎トレーナーも会見に同席し、「今回がデビュー戦ですけど、意外とセンスがあるんですよ。もしかすると、シュートボクシングの未来を作っていく選手になるかもしれない」と、その潜在能力を絶賛。
これまで井上京子、風香、朱里といった女子プロレスラーが参戦してきたシュートボクシング。東京女子プロレスのエース・山下がどんな試合を見せるか、ご期待ください。
 

pagetop