SHOOT BOXING

NEWS

IMG_8993IMG_8994
9月18日、シーザージムにて、年間シリーズ最終戦『SHOOT BOXING 2015 ~SB30th Anniversary~ act.4』(9月19日、後楽園ホール)の公式計量および記者会見を実施いたしました。
 
会見第1部には、シーザー武志会長と南国超人、川口雄介、菅原悠次、扇久保博正、植山征紀、ランボー宏輔が出席。いずれもシュートボクシングvs総合格闘技の対抗戦という意味合いも持つカードとなります。
 
シーザー会長によれば、次回のビッグイベントではヘビー級のトーナメントを行なうプランもあるとのこと。SBヘビー級を牽引する南国超人は、トーナメント開催について「ずっとSBに対抗する選手がいなくて、他団体の選手とやってきました。やっとベルトにたどり着けると思うとワクワクします」とコメント。
 
会見第2部には、シーザー会長と宍戸大樹、ジァオウェーハー・グランタイボクシング、坂本優起、金井健治が出席。SB東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチである宍戸vsジァオウェーハーの調印式も実施しました。
今回が引退試合となる金井は「今の若い選手の試合は全然物足りない。自分の試合を見てもらって、それが勉強になれば。すべてを出し切って終わりたいです」と意気込みを語り、対する坂本は「誠心誠意、敬意を込めてぶっ倒したい」。8月大会で負けている坂本にとっては、再起戦としても重要な一戦となります。
 
メインイベントでタイトルに挑戦するジァオウェーハーは、ムエタイ戦士の中でもアグレッシブなファイタータイプとして知られる強豪。シュートボクシングに関しては「ルールは問題ない。投げや関節技は怖くない。パンチとローキックで5RにKOしたい」と強気なコメント。
 
それに対し、宍戸は「自分なりにシュートボクシングを背負っている気持ちがあります。シュートボクシングは怖くないという気持ちは、試合であらためてもらう。シュートボクシングの怖さを味わわせます」と、チャンピオンらしい意気込みを語りました。
シーザー会長いわく「宍戸はシュートボクシングで最高の試合数をやっている。Mr.シュートボクシングと言っていいでしょう」。団体を背負ってのメインイベントにご期待ください。
 

会見出席選手のコメント

宍戸大樹
「8月の大会では勝つことができましたが、シリーズ戦も重要になってくると思ってます。シュートボクシングは、数ある団体の中でも最高の団体。それをアピールするためにも、選手生命をかけて最高の試合をしたいと思います。自分なりにシュートボクシングを背負っている気持ちがあります。シュートボクシングは怖くないという気持ちは、試合であらためてもらう。シュートボクシングの怖さを味わわせます」
 
ジァオウェーハー・グランタイボクシング
「最高の試合をして盛り上がげたいと思います。ルールは問題ない。投げや関節技は怖くない。パンチとローキックで5RにKOしたい。とにかく面白い試合にします」
 
坂本優起
「金井選手の引退試合ということで、誠心誠意、敬意を込めてぶっ倒したいと思います。8月にふがいない試合をしてしまったので、いつも以上に気合いが入ってます。何があっても淡々と攻めるというのが、僕の格闘技のイメージ。相手が引退試合でも、淡々と攻めていきます」
 
金井健治
「大舞台を用意してもらったので、すべての力を出し切ってチャンピオンを倒したいです。2年前に網膜剥離になって、手術をして治ったんですが、そこで心が折れかけました。でも完全に折れてはいなかったので、最後に試合ができたら、と。今の若い選手は、全然物足りない。自分の試合を見てもらって、勉強になれば。今の坂本はチャンピオンとしてリスペクトしてます。すべて出し切って終わりたいです」
 
南国超人
「川口選手の動画を見たら、KO負けしていて動きが分からなかったんですが、本来の自分のスタイルで倒したいと思います。トーナメント開催は嬉しい話。ずっとSBに対抗する選手がいなくて、他団体の選手とやってきました。やっとベルトにたどり着けると思うとワクワクします」
 
川口雄介
「これまでいろんなルールに挑戦してきて、シュートボクシングもずっと参戦したかったです。思い切ってやるだけです。トーナメントよりも、まずは明日の試合。総合格闘技やプロレスをやってきましたが、もともとは柔道。その経験を活かせると思います」
 
菅原悠次
「相手が修斗の元世界チャンピオンということで、チャンスをもらったと思います。タイトルマッチを組んでもらえるように、いい試合をします」
 
扇久保博正
「シュートボクシングの試合で、打撃をレベルアップできたらと思います。寝技のない総合だと思って、グチャグチャにして面白い試合にできれば。自分は寝技の選手だと思われてるんですが、打撃もできるところを見せたいと思います」
 
植山征紀
「しっかり倒して、インパクトを残したいと思います。1戦1戦勝っていって、タイトルマッチを組んでもらえたら。対抗戦なので、ホームリングでは負けられないです。倒して盛り上げようと思います」
 
ランボー宏輔
「立ち技の試合は初めてですが、楽しみです。対抗戦と言われて燃えてます。バチバチの熱い試合をしたいと思います。総合でももともと打撃、殴りが多いので、シュートボクシングでも全然いけると思ってます」
 
大会概要は こちら

pagetop