SHOOT BOXING

NEWS

IMG_0221IMG_0232
2月25日、スカパーJSAT株式会社にて、年末の格闘技イベント『RIZIN』の開催直前記者会見が行われました。12月29日、31日にさいたまスーパーアリーナで開催、スカパーでは完全生中継されるこの大会。シュートボクシングからはRENAとアンディ・サワーが参戦し、MMA(総合格闘技)に初挑戦。またシュートボクシングルールの試合として曙vsボブ・サップ(レフェリーはシーザー武志会長)が決定しています。
 
3試合すべて31日に行われ、RENAvsイリアーナ・ヴァレンティーノは第1試合に決定。RENAは「RIZINの新しいスタートを私が切ります。歴史的瞬間を楽しみにしてください」と力強くコメント。MMAのスパーリングで「下からの蹴り上げも使えるなと思いました。MMAの技術も上がってきたと思うので、私自身も楽しみです」とかなりの自信を掴んでいる様子。対戦相手のイリアーナは強豪キックボクサーで「思ってたより手足が長くて、ストレートが鋭いですね」としながらも「打撃だけでも勝てる。殴り合いをしてもいい」という言葉も。拳のケガも順調に回復しており「試合の時は思い切り殴れます」と語りました。またRENAの第1試合起用について、榊原信行実行委員長は「第1試合は大会の掴み。誰で掴むかといったらRENAでしょう」と期待を寄せています。
 
この会見には曙も出席。サップとのリベンジ戦に向け「自分が練習してきたことを出せば勝てます」と語るとともに、シュートボクシングルールに関してもコメント。
「今回、一番気にしているのがルール。自分はキックボクサーでも総合格闘家でもなく、もともと相撲取り。K-1ではプッシュしてはいけないとか注意を受けましたけど、今回のルールは一番、相撲取りに向いてると思います」
果たしてシュートボクシングルールで曙がどんな闘いを見せるのか、そしてRENAのMMAデビュー戦は……。大晦日の決戦にご期待ください。
 
『RIZIN』大会概要はこちら

pagetop