SHOOT BOXING

NEWS

7791_10206780268358668_2077977977504730489_n1795534_10206780589526697_819177305627047796_n


12月31日、さいたまスーパーアリーナでされた格闘技イベント「RIZIN」に、シュートボクシングからRENAとアンディ・サワーが出場しました。
 
RENAは大会の幕開けとなる第1試合に登場、イタリアのイリアーナ・ヴァレンティーノと対戦。鋭い打撃が交錯する中、シュートボクシング仕込みの首投でテイクダウンに成功したRENA。パンチをもらう場面もあったものの、2ラウンドに首相撲の攻防から鮮やかな飛びつき腕十字へ。これでイリアーナがタップし、RENAが総合格闘技デビュー戦を一本勝ちで飾っています。
 
第10試合では、サワーと長島☆自演乙☆雄一郎が対戦。試合序盤、ヒザ蹴りを放ったところでテイクダウンを許したサワーですが、すぐに立ち上がるとパンチで反撃。さらに足関節技から脱出してグラウンドで上になると、強烈なパウンド、さらにヒザを連打。立ち上がるとパンチをラッシュし、最後は左ボディの連打でマットに沈め、圧巻のKO勝利を収めました。
 
また、この大会ではシュートボクシングルールの試合として曙太郎vsボブ・サップが行われ、シーザー武志会長がレフェリーを務めました。試合は序盤からサップが左右フックで主導権を握り、曙が耳の裏から出血。2ラウンドの途中でストップとなり、その時点までの判定で勝敗を決めることに。結果、ジャッジ3者ともサップを支持し、判定3-0でサップの勝利となりました。
 
このビッグイベントでさらに注目度が増すことが予想されるシュートボクシング。2016年の闘いにもご期待ください。

pagetop