SHOOT BOXING

NEWS

1月31日、東京・後楽園ホールで開催された『RISE109』に、シュートボクシングのトップ外国人選手であるザカリア・ゾウガリーが出場しました。
 
昨年12月、ライバルである鈴木博昭に勝利して勢いに乗るザカリアは、この大会で初代RISEスーパーライト級王者の吉本光志と対戦。これがファイナルマッチとなる吉本に対し、ザカリアは序盤から鋭いパンチを連打。さらにハイキック、バックブロー、飛びヒザ蹴りなど多彩な攻撃も。
 
しかし2ラウンドに入ると、吉本がパンチとヒザ蹴りで猛反撃。ザカリアは徐々に後退し、最後はヒザでダウンカウントが入り、そのままストップ。KO負けという結果に終わりました。
 

pagetop