SHOOT BOXING

NEWS

鈴木VSタップロン

有松朝
2月13日(土)後楽園ホールで開催する2016年シリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2016 act.1』にて鈴木博昭と対戦を予定していた第2代RISEライト級王者イ・ソンヒョンが、1月初旬に中国で試合を行った際の脛の負傷箇所が悪化し、ドクターストップにより今大会を欠場する運びとなりました。
 
鈴木は、昨年12月に世界王者としての初戦でザカリア・ゾウガリーに敗れており、再起をかけた一戦としてまず過去に敗北を喫しているソンヒョンへのリベンジ戦に挑むはずでしたが、ソンヒョンのダメージが深刻であるため、RISEサイドと協議のうえでこの試合を次回以降に延期させていただく運びとなりました。この試合を楽しみにされていたファンの皆様には心よりお詫び申し上げます。
 
そのソンヒョンに代わりまして、今回、鈴木がもう一人リベンジを果たさなければいけない強敵、元WMC世界フェザー級王者タップロン・ハーデスワークアウト(タイ/ハーデスワークアウトジム)の出場が決定いたしました。
 
タップロンは鈴木とは過去に2度対戦しており、2戦とも強烈なヒザ蹴りと左ミドルで圧倒し2連勝を収めている。その実績を引っ提げて、昨年8月のSB30周年イベント『CAESAR TIME‼』で行われたSB世界スーパーライト級王座決定トーナメントに“鈴木最大の難敵”として出場したが、クリス・バヤとの一回戦を優勢に進めながらも本戦の裁定はドロー。延長戦でまさかの敗北を喫して以来、判定の内容を不服としてリングから遠ざかっておりましたが、今秋開催が予定されているS-cup65kg世界トーナメントに狙いを絞り今回のスクランブル出場を承諾。
 
鈴木は、ソンヒョンに代わって出場することとなった因縁のタップロンにリベンジを果たすことができるか?それともタップロンが3度目の勝利を挙げてゾウガリー、ソンヒョンとともに鈴木の王座を揺るがすのか!?
また、今大会でSB日本スーパーバンタム級1位・植山征紀(龍生塾ファントム道場)と対戦を予定していたRISEバンタム級9位・佐野貴信(創心会)も負傷欠場となり、代わって有松 朝(リアルディール/RISEバンタム級3位)の出場が決定いたしました。
 

変更対戦カード

エキスパートクラス特別ルール(65.5kg契約)
SB世界スーパーライト級王者
S-cup 2014 65kg世界トーナメント優勝
鈴木博昭(ストライキングジムAres)
vs
元WMC世界フェザー級王者
タップロン・ハーデスワークアウト(タイ/ハーデスワークアウトジム)
 
SB日本スーパーバンタム級1位
植山征紀(龍生塾ファントム道場)
VS
RISEバンタム級3位
有松 朝(リアルディール)
 
大会概要はこちら

pagetop