シュートボクシング

2.12 笠原弘希の再起戦が決定、相手はタイ国プロムエタイ協会王者

2023年2月12日(日)東京・後楽園ホールで開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2023 act.1』の追加対戦カードが発表された。

出場が決定していたSB日本ライト級王者・笠原弘希(シーザージム)の相手はアヌラック・ティーデット99(タイ)に決定。アヌラックは日本でお馴染みのKING OF KNOCK OUTライト級王者ヨードレックペットの同門で75戦58勝14敗3分の戦績を持つタイ国プロムエタイ協会140P王者。左右ミドルとパンチでガンガン前に出るアグレッシブなファイトスタイルでSB初参戦。王者・笠原を相手に「笠原は難しくない。問題なく私が勝ちます」と、かなりの自信を見せているという。

そのムエタイ強豪を迎え撃つ笠原は10連勝だったが、昨年12月のチャド・コリンズとの大接戦の末に判定で敗れた。再起戦となった笠原にとってはかなり厄介な相手が用意されたことになる。笠原は復活をアピールできるか!?

また、SB日本フェザー級王者・川上叶(龍生塾)の相手はガオパヤック・ワイズディー(タイ)に決定。ガオパヤックはスイッチしながらローキック、パンチ連打でKOを狙うアグレッシブなムエタイファイター。対する川上は、昨年12月に両国国技館で開催された『RISE WORLD SERIES/SHOOT BOXING KNGS 2022』にて、圧倒的パフォーマンスで当時15連勝中とノリに乗っていた安本晴翔と対戦し、下馬評を覆して判定勝利を収め、川上を鍛え上げ太鼓判を押していた“名伯楽”吉鷹弘の言葉を証明してみせた。今回ムエタイ戦士と初対戦となる川上がどのような試合を展開するのかに注目だ。

 

 

 

また、“プロ野球選手が格闘家に転向!”と話題になった元西武オリオンズ投手の相内誠(K26)の再起戦も決定。体重を大幅に減量し、山田虎矢太のプロデビュー戦で対戦した仲田光大(SANDA CLUB Mz)と62kg契約で対戦する。

なお、今大会より、動画配信サービス「U-NEXT」にてライブ配信することが決定している。

<追加対戦カード>

▼65.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
笠原弘希(シーザージム/SB日本ライト級王者)
vs
アヌラック・ティーデット99(タイ/タイ国プロムエタイ協会140P王者)

▼58.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
川上 叶(龍生塾/SB日本フェザー級王者)
vs
ガオパヤック・ワイズディー(タイ/Y’ZD GYM)

▼62.0kg契約 フレッシュマンクラスルール 3分3R延長2R
仲田光大(SANDA CLUB Mz)
vs
相内 誠(K26)

大会概要はこちら
https://shootboxing.org/fight/27055/


«

  • シュートボクシングとは
  • SBルール
  • ランキング
  • 選手一覧
  • S-cup
  • Girls S-cup
  • ジム紹介
  • youtube