シュートボクシング

8.17 海人の相手は元GLORYライト級6位に!「レベルの差を見せたい。圧倒・圧勝が自分のメインテーマ」

8月17日(土)東京・後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING 2024 act.4』の記者会見が行われ、追加対戦カードが発表された。

出場が決定していたSB世界スーパーウェルター級王者・海人(TEAM F.O.D)の対戦相手は、ドラゴミール・ペトロフ(ブルガリア)に決定した。

ペトロフは元GLORYライト級6位で、SENSHI-70kgタイトル獲得のキャリアがある。主催者を通じてペトロフのコメントが届いており、「日本で戦うことは練習を積み重ねてきた目標の1つだったので、とても嬉しく思っている。海人はとてもレベルの高い日本で最高の選手。自分の力を100%出して戦い日本のファンの記憶に残る試合を見せる。そして今回の試合が日本での俺の新しいストーリーの幕開けになる」との意気込みが読み上げられた。

会見に同席したシーザー武志会長は「海人はGLORYからいろいろな相手を与えられますが勝つしかない。私も相手の試合映像を見ましたが、実力では問題ないかなと思っています。それくらい今の海人に自信を持っています。いま、身体も一番頑丈ですし、相手が攻めてきても大丈夫だと思います」と海人を評価。

前回6月大会で元GLORYライト級9位のアルマン・ハンバリアンに2RKO勝ちした海人は「次は6位の選手ですが、前回と変わらずレベルの差をしっかり見せて圧倒的に勝つのが当たり前だと思います。僕の相手はベスタティだけなので、そういう試合を見せたい」と、昨年8月に敗れているティジャニ・ベスタティ以外は問題ないとする。

ペトロフの印象については「身体の強いインファイターで外国人選手に多いタイプかなと。正直言って、これと言って印象に残るようなテクニックはなかった」といい、「警戒するところはハッキリ言ってないです。レベルが違いすぎると思います」と問題ない様子。

ハンバリアン戦では豪快にKO勝ちしていることから「今回も1Rからしっかり倒しに行くので、あの時以上の練習をして、レベルの差を見せたい。“圧倒・圧勝する”のが自分のメインテーマです。(ベスタティに)挑戦させてもらうために、ランカーの選手を一人一人を倒していくことが必要なので、勝ち方はGLORY側にも見せていかないといけない。ランカーでは相手にならない、ベスタティも危険だよ、とそういうふうに思わせる試合をしていきたい」と、GLORY関係者にアピールするKO勝利を目指すという。

前回の試合で見せたフィジカルやパワーアップについては「今フィジカルのトレーナーにも見てもらっている人がいますし、父と練習してきてパワーのある選手に踏ん張ってどう返していくか、という練習をずっとしてきたので、それが試合でも出せるようにようやくなってきた感じです。器具を使ったトレーニングはほとんどしていません。芯から強くしていき、見た目にも出てきていますが、身体の中身から強くなった結果、外にも筋肉が付いてきているのかなと思います。パワーよりも、常にキレやスピードをメインに練習しているので、それは僕が一番やりたい戦い方にハマってきたのでそれが結果に出ていると思います」とフィジカルトレーニングの成果が出ていると話す。

7月20日の『GLORY 93』ではベスタティが、一階級上のウェルター級でエンディ・セメリアと試合をすることについては「77kgで試合をするので、パワーの面であったりと、純粋に楽しみな気持ちが大きいです。ベスタティはスピードも速いし、距離感もしっかり持っていますし、外国人選手が持っていないテクニックを持っているので、そういうところも勉強になります。倒したい相手でしかないので、そういったことを見たい。ベスタティが勝てば、モチベーションも上がるし、倒したい気持ちがもっともっと上がってくると思います」という。

なお、この日の会見では前回とは違う髪型について聞かれると「僕は飽き性なんで(笑)。自分の中で何か大きく変えられるのは髪型なので、試合の時はまた違う髪型にするかもしれないです。アフロにした時はアフロが強い格闘家に多いと言いましたが、単発の格闘家は強いと思っています。僕はどんな髪型にしても強いので、強い海人を見せたいと思います」と説明した。

▼70.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分3R延長無制限R
海人(TEAM F.O.D/SB世界スーパーウェルター級王者)
vs
ドラゴミール・ペトロフ(ブルガリア/元GLORYライト級6位、SENSHI-70kg王者)


« »

  • シュートボクシングとは
  • SBルール
  • ランキング
  • 選手一覧
  • S-cup
  • Girls S-cup
  • ジム紹介
  • youtube