SHOOT BOXING

NEWS




『次期スーパーライト級タイトル挑戦者決定戦』として名打たれた試合が名古屋DEEPで提供試合としてSB日本Sライト級2位崎村匡如(グラップリングシュートボクサーズ)とSB日本Sライト級4位ルード(bluehorse)との両者が激突。もともと両者、同じジムグラップリングシュートボクサーズに在籍しており、手の内を知り尽くした同士、1R序盤、両者が手を探る展開を予想した中、ルードが不意を突きパンチでラッシュ。出鼻を挫かれた崎村、虚を突き先手を取ったルード。
        
    
2R、序盤ルードの攻撃は続くが、1Rの猛攻で崎村も目が覚めたか冷静に対処、後半には膝蹴りでルードのボデイー的確に攻め両者互角。3R ルードは2Rのボデイーが効いたのか急激に失速、崎村が3R攻め込み本戦終了。本戦判定は1-0(1-崎村)ドロー無制限延長ラウンドに突入。どちらも勝利への姿勢は衰えず壮絶な打ち合いのまま延長1Rが終了。 延長1R2-0でルードがSライト級王座決定戦へコマを進めた。観客、関係者サイドからも『もう1ラウンド見たかった』との声が多く、非常にレベルの高い試合となった。


pagetop