シュートボクシング
試合結果

東日本大震災復興支援チャリティーイベント SHOOT BOXING in NIIGATA2011

2011年7月31日(日)朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター

7月31日、朱鷺メッセにてシュートボクシング初となる新潟大会が開催された。朱鷺メッセはEXILEなどもライブを行なう大会場だが、当日は1465人と満員の観衆。前半戦から熱い試合が続いていった。
メインに登場したのは、地元・新潟市出身の石川剛司。ムエタイの強豪コーポーン(元ラジャダムナン・スタジアム認定フェザー級4位)と対戦した石川は、1Rからパンチ主体に前進していく。対するコーポーンは石川に連打を許さず組みついてヒザ蹴り。パンチの石川とヒザのコーポーンという構図で一進一退の攻防が続き、本戦の判定は0-0でドローに。
そして延長1R、石川は疲れの見えたコーポーンに対しさらにパンチで前進。わずかな差ながら、判定2-0で石川が勝利を収めた。
地元での凱旋勝利に、石川は「お久しぶりです。最高の場所で闘えて、本当に感動してます。この新潟で、シュートボクシングのリングで、男にさせてもらいました」と挨拶。リングに上がった両親とともに、地元ファンの喝さいを浴びた。
またセミファイナルでは、同じく新潟県(魚沼市)出身のキックボクサー・マグナム酒井がシュートボクシング初参戦。SB重量級の新鋭・吉田高行を相手に終始、優勢に試合を進め、2Rに得意とするボディへの左フックを炸裂させて貫禄のKO勝利。試合後、マイクを握ったマグナムは地元での勝利に感極まったか声を詰まらせる場面も。
大会後、シーザー武志会長は「メインの石川は(大会の準備等もあって)疲れたんじゃない? 地元で負ける怖さもあるし。相手のタイ人も逃げるのがうまかった。そんな中で、故郷への恩返しはできたんじゃないかな。試合は消化不良の部分もあったけど、(両親との)最後の場面は泣けてきましたよ。マグナムの男泣きにもグッときたね。それと、若い選手の元気がよかった」と大会を総括。また新潟での大会に関しては「地元の選手に頑張ってほしいし、続けていくことで根付くものがある。また新潟でやりたいし、地方にはどんどん進出していきたいですね」と、地方大会のさらなる充実を考えているようだ。
大成功に終わった初の新潟大会。次の開催にも期待したい。

第8試合


エキスパートクラス特別ルール 3分5R無制限延長R

石川 剛司

vs

コーポーン・ポー.アビシット

延長1R判定2-0


第7試合


エキスパートクラスルール 3分3R無制限延長R

マグナム酒井

vs

吉田 高行

KO 1R1:35


第6試合


エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R

菅原 悠次

vs

キ・ヒュク・チョイ

3R判定3-0


第5試合


エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R

伏見 和之

vs

イ・ヒュンユ

KO 1R2:20


第4試合


エキスパートクラス特別ルール 3分3R無制限延長R

坂本 優起

vs

藤石 義和

3R判定3-0


第3試合


フレッシュマンクラスルール 3分3R延長2R

石塚 勇史

vs

島岡 和樹

TKO 1R2:34


第2試合


フレッシュマンクラスルール 3分3R延長2R

内藤 大樹

vs

川野 光

3R判定3-0


第1試合


フレッシュマンクラスルール 3分3R延長2R

JAMBO YO-SUKE

vs

金澤 勇

3R判定3-0


オープニングマッチ第2試合


スターティングクラスルール 2分3R延長1R

櫛間 美乃里

vs

大島 裕美

3R判定3-0


オープニングマッチ第1試合


スターティングクラスルール 2分3R延長1R

大西 譲

vs

今井 貴徳

KO 3R1:58



大会情報




オフィシャルスポンサー