シュートボクシング
試合結果

SHOOT BOXING 2019 act.4

2019年9月28日(土)後楽園ホール

海人がRISE王者ソンヒョンを撃破、笠原弘希が深田一樹をKOし二階級制覇

第10試合

69.0kg契約 
エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジなし

海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)

vs

イ・ソンヒョン(韓国/RAON/RISEミドル級王者)

判定3-0 ※三者とも49-48


海人は、6月の中島弘貴戦に続いて69.0kg契約、ヒジなしルールの一戦に臨んだ。対するソンヒョンはRISE二階級制覇王者。1R、様子見の海人の前に、ソンヒョンがボディブローなどを絡めて前に出ける。2R、ソンヒョンのパンチに、海人はヒザ。積極的に首相撲を仕掛けてヒザ蹴り当てるなど徐々にペースを握る。3R、海人は右ハイをクリーンヒットさせソンヒョンをグラつかせる。右のカーフキックもタイミングよく当て、ソンヒョンの動きを止めた。4Rも海人は組んでのヒザ蹴りでソンヒョンのスタミナを削り、完全に優位に立つ。疲れが見せるソンヒョンは何度もこかされてしまう。5R、海人はソンヒョンに細かいパンチ連打を当てては、組んでのヒザ蹴りでペースを握らせない。決定打はなかったが、海人が判定勝ちした。


第9試合

SB日本スーパーフェザー級タイトルマッチ 
エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R

笠原弘希(シーザージム/前SB日本フェザー級王者)

vs

深田一樹(龍生塾ファントム道場/SB日本スーパーフェザー級王者)

TKO 2R1分42秒 ※3ノックダウン ※笠原が新王者に、深田は初防衛に失敗


二階級制覇を狙う笠原が、王者・深田に挑んだタイトルマッチ。両者は2017年11月に対戦し、延長戦の末に深田が判定勝ちを収めている。1Rは笠原が右ボディブロー、左ローを当てるなどやや有利に試合を進め、ジャッジ1名が笠原を支持。2R、笠原が右フックを炸裂させダウンを奪う。足元がふらつきながらも立ち上がる深田に、笠原は左フックで追加のダウンを奪うと、最後に連打を仕掛けて3度目のダウンを奪取してTKO勝ち。リベンジ&二階級制覇の笠原は、4月のREBELSで深田にKO勝ちしているREBELS王者スアレックと年末に対戦したいとアピールした。


第8試合

64.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

西岡蓮太(龍生塾/SB日本ライト級王者)

vs

マサ佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説64kg級アジア王者)

判定2-0 ※30-29、30-28、29-29


1R、右ロー、右ストレートをヒットさせる西岡が主導権を握り、佐藤はローを返していくものの距離感が掴めず攻めあぐねる。2Rも右ストレートを当てる西岡に対し、佐藤は強引に前に出てパンチを振るうなどの反撃。3R、巻き返しを狙う佐藤は強引に組み付いて投げを仕掛けるも、西岡は冷静に対処し投げさせない。西岡が反撃を許さず判定勝ちした。


第7試合

64.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級1位、元SB日本スーパーフェザー級王者)

vs

山口裕人(山口道場/WPMF世界スーパーライト級暫定王者)

再延長R判定3-0 ※三者とも10-9 ※本戦は三者とも29-29 ※延長Rは9ー10、10ー9、10ー10


1Rから両者が打ち合いを見せる中、村田は右アッパーを当てるが山口は怯まない。2R、山口はパンチを上下に散らして前進。3Rには山口が右フックを当てるものの、村田は左フック、組んでのヒザ蹴りを返すなど一進一退の攻防。本戦はドロー、延長戦に突入した。山口の右フックを被弾する村田は左まぶたをカットするなどやや劣勢ながらも攻撃を返して、ここでもドロー。再延長R、攻め疲れの山口に、村田がバックブローをヒットさせ、顔面へのヒザ蹴りを当て優勢を印象付ける。村田が判定勝利で接戦を制した。


第6試合

SB日本フェザー級(57.5kg契約) 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

笠原友希(シーザージム/SB日本スーパーバンタム級1位)

vs

ポンチャン・ブレイブジム(タイ/ブレイブジム)

判定3-0 ※30-27、29-28、30-28


笠原がムエタイと初対決。1Rから笠原は長い手足を活かした攻めで圧倒。右ボディ連打を効かせてKO寸前に追い込む。2R、意地を見せるポンチャンは大振りのパンチを返してヒヤリとさせたが、このラウンドも笠原の攻撃力が勝っている。3Rになると、疲れを見せ始めた笠原は手数が落ち、ポンチャンの右強打を被弾。それでも最後までKO狙いの笠原が判定勝ちした。


第5試合

SB日本スーパーウェルター級(70.0kg) 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

西川大和(PFC)

vs

坂本優起(シーザージム/元SB日本スーパーウェルター級王者、SB日本スーパーウェルター級3位)

判定2-0 ※29-28、30-29、29-29


16歳のMMAファイター、西川はパンチ主体の攻めを見せるが、圧力で上回る坂本が右ストレートなどの手数で押し気味。2Rも坂本がパンチとローで前に出ると、西川はバックブローをヒットさせぐらつかせる。3R、手数の減った坂本に、無尽蔵のスタミナを誇る西川は攻撃を切らさずに前進。西川がSB初参戦で元王者を破る金星を上げた。


第4試合

53.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

伏見和之(シーザー力道場/SB日本バンタム級2位)

vs

宮坂桂介(ポンムエタイジム/TENKAICHIバンタム級王者)

判定3-0 ※三者とも30-28


1R、伏見が右フックを次々と当て主導権を握る。2R、宮坂はテンカオ、左ミドルと徐々に手数を増やしていくものの、伏見の攻撃力が上回る。3R、KO狙いの宮坂が前に出るも、伏見が反撃を許さず大差の判定勝ち。


第3試合

CAESARS LEAGUE 2019&ランキング戦  SB日本フェザー級(-57.5kg) 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

魁斗(立志會館館/SB日本フェザー級3位)

vs

手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸/SB日本フェザー級4位)

判定3-0 ※30-27、30-28、29-28


1R、左ジャブを突いて右ストレートで前に出る魁斗は、2Rにも左フックのカウンターを当てるなど優位に試合を進める。手塚も負けじと攻撃を返していく。3R、魁斗が右ボディからヒザ蹴り連打でダウンを奪い、判定勝ちした。


第2試合

48.5kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

女神(TIA辻道場/SB日本女子ミニマム級王者)

vs

イム・へヒャン(韓国)

TKO 2R終了時 ※ドクターストップ


7月のGirls S-cupで新女王に輝いた女神がプロ4戦目、11戦7勝4敗の36歳のへヒャンと対戦した。1R、女神が左ミドル、左ボディブロー、ヒザ、顔面前蹴りと多彩な攻撃で圧倒。2Rには女神が積極的に肩固めを狙い過ぎたか、攻め方が荒くなる。女神のパンチでへヒャンは鼻骨を骨折したためにドクターストップ。女神がTKO勝ちした。


第1試合

63.0kg契約 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

未奈(秀晃道場/SB日本女子ライト級1位)

vs

シン・ミンヒ(韓国)

判定3-0 ※30-29、30-28、30-29


1R、未奈の右ローに対し、カウンター攻撃を見せるミンヒ。未奈は打ち合いを仕掛けるが、ミンヒもパンチで応戦。2Rになると、未奈が前蹴り、左右フックも徐々にヒットさせていく。3Rには顔面から出血の


オープニングマッチ第1試合

welcome SUPER FIGHT SB日本ヘビー級 
エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R

三上大智(ボスジムジャパン/SB日本ヘビー級)

vs

内田ノボル(翔拳道/SB日本ヘビー級10位)

TKO 1R1分03秒 ※3ノックダウン


プロ2戦目の三上がベテランの内田に挑んだ一戦。1R開始早々に左右フックを当てた三上がダウン奪取。立ち上がる内田に強打を浴びせて2度のダウンを追加した三上がTKO勝ちした。



大会情報




オフィシャルスポンサー